FC2ブログ
「自分を磨こう!」My favorite books ホーム »働きかた
 
このページの記事一覧

【Kindle】「定年消滅時代をどう生きるか (講談社現代新書) 」 中原 圭介 (著)  

838



出版社: 講談社 (2019/12/11)



 先日、企業に高齢労働者が希望すれば70歳まで雇用することを努力義務とする案が閣議決定され、今後法案の改正が国会審議され、予定では21年4月から施行されることになりそうだ。65歳までの継続雇用を企業に義務付ける法案が施行されたのが2013年でまだ7年、また世間に「人生100年時代」という言葉が流行となり始めてまだ5年も経っていない。実に社会環境の変化が早いということだろう。

 本書はいわば「定年がなくなる」時代にどのように生きれば良いかという示唆を与えてくれる書籍。
 冒頭、著者は、これからの時代には「30代後半を第一の定年、50代後半を第二の定年として、キャリアを3つに区分した上で、学び直しをしていく生き方が広まっていく」と書いている。今まで、学校を卒業して就職し同じ会社に定年まで勤めるということが普通だった。定年後の人生を「第二の人生」という呼び方もしていたのが普通であるが、それが、大きく変わろうとしているということだ。

 経済が右肩上がりに成長していた時代は、「終身雇用」、「年功序列」、「新卒一括採用」などが当然であり、極めて有効な制度であったと言える。それが平成の30年を経て、大きく変わってしまったことは低迷している経済状況を見ればわかることだ。このままで日本はどうなるのだろうと誰もが考える時代になってしまった。少子化、労働力人口の減少、これらを捉えても今後の日本の中では高齢者の労働力は必要不可欠となる。しかし、70歳までの雇用が保証される世の中になってはいくが、ただ目標もなく惰性で仕事をしているだけでは自らが希望する仕事に従事する可能性は低くなるだろう。そのためにも学び直しが必要だと言う。

 著者はそのような時代に生きていくため、一人ひとりが「仕事を楽しむ能力」を身につけることが基本だと言う。ただ、何もせずに「仕事を楽しむ能力」は身につかない。それでなくとも現在は何事においても便利な時代になり、便利になったことが個々人の考える能力を衰えさせていると言う。まして読書をする機会が減少していることがより考える力を衰えさせているという。
著者は、好奇心こそ人を成長させる最大のエネルギーであり、それこそが定年消滅時代を生きるための最大の武器になる、そのためにも、読書を通じて考える力を鍛え、基本的な能力を高めて欲しいと言っている。

 具体的で刺激のある内容だった。様々なグラフや表なども使われており、それらを見直すだけども理解が深まる。もう一度整理しながら読み直そうと思っている。

(2020.02.11)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------


☆ 購入日 2019年12月11日(水)
☆ 価格  946円(Kindle版 880円)
☆ 読了日 2020年01月08日(水)






【内容紹介】

 すべての日本人の人生にとって、深く関りがある本を書きました。


2020年は日本の雇用が大変革を遂げる年になるからです。
AIなどのデジタル技術の普及に伴って、若手にとっても、
中堅にとっても、ベテランにとって も、高齢者にとっても、
無縁ではいられない雇用の流動化が起ころうとしているのです。


これからの日本では、大学を卒業後に就職して70~75歳まで働くことになるので、
個人の会社員生活は50年前後と、今の定年より10~15年程度も長くなります。


現在24年にまで縮まってきている企業の平均寿命が将来的に20年を切るようになったら、
会社員生活は企業寿命の2.5倍を超える長さになってしまうというわけです。


平均的な働き方をする日本人であれば、
計算のうえでは人生で3つの仕事や会社を経験しなければなりません。

そこで充実感のある人生を歩み続けるためには、どうすればいいのか――。



【目次】

 はじめに
  人生で3つの仕事や会社を経験する時代へ

 第1章 日本から「定年」が消滅する
  生産年齢人口の減少という大問題

  増え続ける国民負担 ほか


 第2章 大きく変わる企業の採用
  日本人の価値観の変化
  人材獲得競争の勝敗を決めるもの ほか


 第3章 トヨタ「採用の半数が中途」の衝撃
  過去の俗説と化した転職「35歳限界説」
  好業績で人手不足なのに「早期退職」を募る理由 ほか


 第4章 人材育成の仕組みを再構築する
  問われる大学の存在価値
  国際教養大学をお手本にした長野県立大学 ほか


 第5章 これからを生きるための最大の武器
  スマートフォンを使うことの代償

  便利な社会が考える機会を奪う ほか

 おわりに
  さらなる格差拡大を食い止めるために
  人生に何回もチャンスが訪れる社会へ
  日本人全体の底上げが豊かな社会をつくる






category: ビジネス書(Kindle版)

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: Kindle  定年  生き方  働きかた 
tb: 0   cm: 0

【Kindle】「学びを結果に変えるアウトプット大全」 樺沢紫苑 (著)  

769

アウトプット大全_convert_20181215175553

出版社: サンクチュアリ出版 (2018/8/3)


 
■著者について
 樺沢紫苑氏は札幌医科大学出身の精神科医である。であるが、現在は「作家」「映画評論家」などの方が著名になりつつある。彼の著作を読むのは2冊目、以前にこれもベストセラーになっていた「読んだら忘れない読書術」を読んでいる。
 先日ラジオを聞いていたら、今年のビジネス書売上ランキングについて解説されていて、本書が第一位になっていた。樺沢氏の著書にも、「アウトプット」にも興味があるので参考になるだろうと思い読んでみた。
 しかし、改めてこの著者は凄い。毎日、メルマガ、YouTube、Facebook、ブログを更新している。そして、月20冊以上の読書と書評公開、月に2、3回のセミナー開催という活動を続けているそうだ。どんな生活をしているのだろうかと思うが、それは別の著書に詳しいのでその本を読んだ後に紹介したい。

■アウトプットの定義
 世の中のビジネスマンはインプット中心の学び方や働き方をしていると著者は最初に述べている。しかしそれでは成長しないというのが著者の最初の定義である。
 そしてアウトプットを「運動」だとして、具体的に「話す」「書く」「行動する」の3つに定義している。例えば本を読むことはインプットだが、読んだだけでは忘れてしまう。それを、誰かに「話し」をしたり、日記に「書い」たり、著者の講演を聞きに「行った」りすることにより、忘れない知識として身になり成長することにつながると言っている。そのことが結果的には「生きやすさ」に繋がることになると解説している。

■インプットとアウトプットの黄金比は3:7
 受験勉強でも教科書をじっくり読むよりも問題を多数解く方が身につくと言われるように(実際の検証結果もあるようだ)アウトプットによる効果はてき面。そのためインプットに時間を割くのならアウトプットに時間を割けと言っている。つまり本を2冊読むなら、1冊読んでその感想などをSNSに書き込んだり、ブログに感想を書いた方が余程身になり、成長につながるというわけである。そしてさらに重要なのが、「フィードバック」。つまりアウトプットによって得られた結果を評価し、次のインプットに修正を加える作業が大事だと言う。私もこのブログに読書感想を書いているが、その点が少々足りていなかったかと反省してしまった。
 そしてこのアウトプットの方法として定義した「話す」、「書く」、「行動する」について具体的に細かく解説をしている。これは割愛するがとても参考になる内容であった。まずは本を読む、映画を観る、など様々なインプットを行い、そのうえでアウトプットを意識する。そのことが自己の成長につながるということ。大変参考になる一冊であった。

 
著者・樺沢紫苑氏の公式ブログはこちら→ http://kabasawa3.com/blog/

(2019.01.10)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★★
-----------------------------------


☆ 購入日 2018年12月06日(木)
☆ 価格  Kindle 1,450円
☆ 読了日 2018年12月13日(木)




「目次」はこちら ⇩ トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください


-- 続きを読む --

category: ビジネス書籍(Kindle)

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: 生き方  働きかた  知的生活  自己啓発  ブラッシュアップ 
tb: 0   cm: 0

【書籍】「孤独のすすめ」、「百歳人生を生きるヒント」 五木寛之(著)  

747

孤独のすすめ_convert_20180729075400
 
中央公論新社 (2017/7/6)

百歳人生を生きるヒント_convert_20180729075420
日本経済新聞出版社 (2017/12/21)




久しぶりに五木寛之氏の著書を読んだ。
読むきっかけとなったのは見城徹氏の「読書という荒野」である。その中に、編集者としいて五木寛之氏との出会いや交際模様が書かれていて、ちょっと意外だったこともあり、興味がわき、久しぶりに読んでみようかと思ったもの。

何を読もうかと思っていたが、そういえば最近、老後のことを書かれた著書を出していたなと思い至り、本書2冊を読むことにした。 昨年定年退職して以来、「定年後(楠木新(著))」から始まり、定年後に関する本をよく読むようになった。その後、下重暁子氏の著者なども読んだが、彼女の本はちょっとしっくりこない面もあり、何かもっとこれからの老年時代を生きるヒントがないかと思っていたタイミングと五木寛之氏の著者はピタリと合う読書となった。

「孤独のすすめ」
古来中国では人生を四つの時期に分けて考えたという。それが、「青春」、「朱夏」、「白秋」、「玄冬」である。昔と今の時代を一緒にすることはできないが、人生100年時代と言われる今日の人生もこの四つの時期に分け、25年ごとに考えることができるという。そして老年の始まりは「白秋」であり、50歳くらいからその後の人生を考えるべきと著者は言う。現代のように仕事の定年退職を60歳としている時代では50歳からというのは少し早すぎるように思われるかもしれないが、この頃から将来の生き方を考えるということは必要だと思う。そしていずれは周囲の仲間がいなくなり、一人で生きていくことを考えざるを得ないことになる。その時期のためにも準備に早すぎることはない。

「百年人生を生きるヒント」
「人生50年」と言われた時代から100年も経たずに「人生100年時代」と言われるようになった。本書でも100年人生を四つの時期を捉えて、50歳までの登山の時期、50歳からの下山の時期と分け、50代で下山を意識して考え、60代で人生のリセットする、そこから下山の人生を楽しむヒントが人生論として書かれている。85歳となる著者がそれ以降の年代ごとに書いており、これからその年代を迎える者にとって確かな「ヒント」となる。読んで楽しい読書となった。

(2018.07.29)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------

「目次」はこちら ⇩ トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください

-- 続きを読む --

category: エッセイ

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: Kindle  定年  働きかた  生き方 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

▲ Pagetop