FC2ブログ
「自分を磨こう!」My favorite books ホーム »池井戸潤
 
このページの記事一覧

【書籍】「ノーサイド・ゲーム」 池井戸 潤 (著)  

807


出版社: ダイヤモンド社 (2019/6/13)



 5月に池井戸潤氏の新作として本書が出版されることを知り、直ちにAmazonに予約を入れた。そして6月中旬の発売と同時に到着はしたのだが、その時に東野圭吾氏の新作を読んでいる途中だったため、息子にいったん貸出し、戻ってきた先月、発売から1か月遅れでの読書となった。

 テレビドラマも放映されることを承知していたので、できれば放映が始まる前に読み終えたいと思っていたが、少々間に合わなかった。7月7日に始まったドラマとは、第1話、第2話が同時進行、7月21日は参議院選挙のため休止であり、同時進行は2話までとなった。その後は読み終わった内容を思い出しながらドラマを見ているが、小説とは異なっている部分もあり、それはそれで面白い。

 さて、小説の感想だが、やはり池井戸作品は面白い。スポーツを題材にしたものとしては、社会人野球の「ルーズベルトゲーム」、実業団陸上の「陸王」があり、どちらもTBS日曜劇場でドラマ化されたもの。今回も同様であるが、いずれも高視聴率のようである。 今回はラグビーを題材にしているが、9月から始まるワールドカップとの相乗効果もあり同様に話題となっている。ラグビー自体は一般の人にとっては馴染みの薄いスポーツではないかと思う。そのラグビーを題材に敢えて選び、読者にわかりやすくするために主人公のGMをラグビーの素人にしたのではないだろうか。

 池井戸作品はある意味「勧善懲悪」的な面があり、読み終わって痛快感を覚える。このことが人気の要因だろう。今回も実に痛快。途中はハラハラするが、最後は安心して読み終えることができた。実に痛快。

(2019.07.26)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★★  
 読みやすさ ★★★★★
-----------------------------------


☆ 購入日 2019年06月13日(木)
☆ 価格  1,728円
☆ 読了日 2019年07月22日(月)




「内容」はこちら ⇩ トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください


-- 続きを読む --

category: 小説(単行本)

thread: 読んだ本

janre: 本・雑誌

tag: 池井戸潤 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

▲ Pagetop