FC2ブログ
「自分を磨こう!」My favorite books ホーム »エッセイ
 
カテゴリー「エッセイ」の記事一覧

【書籍】「孤独のすすめ」、「百歳人生を生きるヒント」 五木寛之(著)  

747

孤独のすすめ_convert_20180729075400
 
中央公論新社 (2017/7/6)

百歳人生を生きるヒント_convert_20180729075420
日本経済新聞出版社 (2017/12/21)




久しぶりに五木寛之氏の著書を読んだ。
読むきっかけとなったのは見城徹氏の「読書という荒野」である。その中に、編集者としいて五木寛之氏との出会いや交際模様が書かれていて、ちょっと意外だったこともあり、興味がわき、久しぶりに読んでみようかと思ったもの。

何を読もうかと思っていたが、そういえば最近、老後のことを書かれた著書を出していたなと思い至り、本書2冊を読むことにした。 昨年定年退職して以来、「定年後(楠木新(著))」から始まり、定年後に関する本をよく読むようになった。その後、下重暁子氏の著者なども読んだが、彼女の本はちょっとしっくりこない面もあり、何かもっとこれからの老年時代を生きるヒントがないかと思っていたタイミングと五木寛之氏の著者はピタリと合う読書となった。

「孤独のすすめ」
古来中国では人生を四つの時期に分けて考えたという。それが、「青春」、「朱夏」、「白秋」、「玄冬」である。昔と今の時代を一緒にすることはできないが、人生100年時代と言われる今日の人生もこの四つの時期に分け、25年ごとに考えることができるという。そして老年の始まりは「白秋」であり、50歳くらいからその後の人生を考えるべきと著者は言う。現代のように仕事の定年退職を60歳としている時代では50歳からというのは少し早すぎるように思われるかもしれないが、この頃から将来の生き方を考えるということは必要だと思う。そしていずれは周囲の仲間がいなくなり、一人で生きていくことを考えざるを得ないことになる。その時期のためにも準備に早すぎることはない。

「百年人生を生きるヒント」
「人生50年」と言われた時代から100年も経たずに「人生100年時代」と言われるようになった。本書でも100年人生を四つの時期を捉えて、50歳までの登山の時期、50歳からの下山の時期と分け、50代で下山を意識して考え、60代で人生のリセットする、そこから下山の人生を楽しむヒントが人生論として書かれている。85歳となる著者がそれ以降の年代ごとに書いており、これからその年代を迎える者にとって確かな「ヒント」となる。読んで楽しい読書となった。

(2018.07.29)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------

「目次」はこちら ⇩ トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください

-- 続きを読む --

category: エッセイ

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: Kindle  定年  働きかた  生き方 
tb: 0   cm: 0

【書籍】「50歳からの知的生活術」三輪 裕範 (著)  

718
50歳からの知的生活術_convert_20171004075236



   
楠木新氏の「定年後」や、外山滋比古氏の「50代から始める知的生活術」を読んで以来、この手の本を無性に読みたくなり本書も中古本で購入して読んだもの。

著者のプロフィールを見ると私より1歳下、1981年に神戸大学法学部を卒業後、伊藤忠商事に入社している。就職困難な時代でしたからエリートですよね。その後の経歴を拝見しても在職中にMBA取得や、丹羽宇一郎氏の懐刀と書かれていることから見てもわかります。

その著者が執筆するきっかけになったことは最終章の「知的アウトプット」の項目に書かれているので省略しますが、在職中に10冊以上の本を出版するということはなかなかできないことです。

そのこだわりを著書にしたのが2005年に出版された「四〇歳からの勉強法 (ちくま新書)」で、本書はその10年後の読者に合わせて出版されたもの。著者は、本書の中で「知的生活術」について、定年後の「①テーマの見つけ方、②読書の仕方、③マスメディアとの付き合い方」、つまりインプットについて記載し、その後にアウトプットとして「④商業出版への挑戦」について述べている。最後のアウトプットについては結果的に著者の成功体験が中心になっているのでやや鼻につく面があるが、そこに至るまでの内容は参考になることが多かった。

参考になったことの一つ、
第1章の初めに、定年後を充実させる三原則という記載がある。
     第一 現実の自分に合わせるということ、まずは肉体面、精神面における現実の自分を直視し、それに合わせていくこと。
     第二 自分の興味あること、好きなことだけをすること。
     第三 決して他人と比べないこと
    という内容だが、当たり前のことだが意識しないと流れてしまうことだ。私自身もぜひ意識していきたいと思った。
    
    本の読み方にはいろいろとある。本書の中にも「批判的読書せよ」との記載もあるが、なかなか難しい面でもある。自分にあった読み方をしていけば良いと思うが、現代のようなスピードの速い時代の中で、ましてや退職後の生き方が今までと違うということをもっと意識して行かなければと考えた。
    
    それなりに読んで良かったと思う1冊であった。。

(2017.10.04)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------

「目次」はこちら ⇩ トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください


-- 続きを読む --

category: エッセイ

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

【Kindle】「読書の腕前」 岡崎 武志 (著)  

717
読書の腕前_convert_20171001072810

出版社:光文社 (2007/3/20)



 Kindleunlimited でダウンロードして読んだもの。これがなければ知ることのできない著者だったと思う。

 著者は、「ライター・書評家」と自称し、新聞、週刊誌などの書評を担当し、著書もある著述業の方である。1957年生まれというから私より1歳年下であるが、大学卒業後に7年間高等学校の国語教師をしていたが、退職して上京し、その後様々な経緯を経て書評を書くようになったようである。
 本書の後半に出てくるが、中学の頃から読書がとても好きだったそうで、読む限り好きということで収まらないほどの読書家であった様子が伺える。
 1957年生まれということで私よりも1歳違いの同世代であり、読書環境的には同じような環境にあったと思うが、その違いは歴然。私自身の青春時代がいかに軽薄だったかと感じてしまった。

 本書は読んでいて文章がとても小気味よかった。読んでいて疲れない。これはとても大事なことだと思う。そしてまた内容が実に豊富である。著者のこれまでの読書経験からのエッセイであるが、その内容にとても含蓄がある。
 Kindleunlimitedという仕組みがなければこういう本には出会えなかったと思う。面白いシステムであり、今後も活用していきたいと思った。

(2017.10.01)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------

「目次」はこちら ⇩ トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください

-- 続きを読む --

category: エッセイ

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

【書籍】「50代から始める知的生活術~「人生二毛作の生き方」」外山 滋比古 (著)  

716
50代で始める

出版社:大和書房 (2015/2/12)



著者の外山滋比古氏、1923年生まれ。2017年の現在もご健在なので御年94歳、本書は2015年2月発行の文庫版ではあるが著者91歳の時の本である。

そんな著者だが、本書の冒頭に毎日の生活習慣が書かれているが、朝4時30分頃に起床し、自宅近くの丸ノ内線茗荷谷駅5時46分発の新宿方面行に乗車し、途中乗り換え九段下で下車し、北の丸公園へ向かう、そこで常連の方たちと一緒にラジオ体操後、皇居一周散歩するそうである。帰りは大手町駅から自宅へ向かい、8時ころに自宅に到着、著者はこれをほぼ毎日続け、そのために定期券まで購入しているという。

自分の将来を想像することはなかなかできないが、決してこんなことはできないだろうと思ってしまう。実に徹底していて気持ちが良いくらいだ。

著者はこんな調子で様々な自身の経験から読者に向けてご自身の行動と考えを展開していく。タイトルに「50代から」とあるが、30代くらいの若い人でも好む価値のある1冊、実に痛快である。

(参考)
  産経新聞 http://www.sankei.com/column/print/170103/clm1701030007-c.html

(2017.09.30)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------

「目次」はこちら ⇩ トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください

-- 続きを読む --

category: エッセイ

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

▲ Pagetop