FC2ブログ
「自分を磨こう!」My favorite books ホーム »2013年07月
 
2013年07月の記事一覧

465 ★★★ 今週の読書トピック( 7/21 - 7/27 ) ★★★  


 



【 読了本 】





「絶対達成する部下の育て方」 【KIndle版】 1,150円
横山 信弘 (著) 



【 読中本 】



「絶対達成マインドのつくり方」 【KIndle版】 1,100円
横山 信弘 (著) 




ジョン・C・マクスウェル (著), 渡邉 美樹 (監修, 翻訳) 



【 トピック 】

-- 7月26日(金)--

先週から横山信弘氏の「絶対達成」シリーズを読み始めている。 先週、一番最近の著作を読み、これはおもしろいと思って、さかのぼって読み始め、現在3冊目の「マインド」を読んでいる。

最初の著作である「部下の育て方」については、今週前半にKIndle版で読み終わり、これがとても良かったので、Amazonで中古本を購入し、職場の営業部長にプレゼントした。 ちょうど私を含めてだが、営業パーソンの成長の壁にあたっている面があり、この本が参考になると思ったということである。

私自身ももうすこしじっくり読み込み、実践に活かしていきたい。




category: 今週のトピック

tb: 0   cm: 0

464 映画 「風立ちぬ」 宮崎駿(原作・脚本・監督)  


 





劇場公開日 2013年7月20日




解説

宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。美しい飛行機を製作したいという夢を抱く青年が成し遂げたゼロ戦の誕生、そして青年と少女との出会いと別れをつづる。主人公の声には『エヴァンゲリオン』シリーズなどの庵野秀明監督を抜てき。ほかに、瀧本美織や西島秀俊、野村萬斎などが声優として参加する。希代の飛行機を作った青年の生きざまと共に、大正から昭和の社会の様子や日本の原風景にも注目。

あらすじ

大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。航空機の設計者である堀越二郎はイタリア人飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上げたいという野心を抱いていた。関東大震災のさなか汽車で出会った菜穂子とある日再会。二人は恋に落ちるが、菜穂子が結核にかかってしまう。




先週観ようと思っていたのだが所用があり行けなく、1週間越しに待望の鑑賞。 ただ、一緒に行った連れ合いは不満げであった。

これまで映画化された「風立ちぬ」などのストーリーを期待して鑑賞をすると・・・、ということ。 背景画像や、音楽、効果音、などなど、情緒的な見方をすると楽しめる映画だと思う。

category: 映画

tb: 0   cm: 3

463 「スタンフォードの自分を変える教室」 ケリー・マクゴニガル (著), 神崎 朗子 (翻訳)  


 






目次

 Introduction 「自分を変える教室」へようこそ : 意志力を磨けば、人生が変わる

  科学と実践から導きだされた見解
  「自分はどう失敗するのか」を知る
  本書の使い方ー「科学者」として自分を観察する
  1つの章からは1つの戦略のみ実行する
  最初の課題
   マイクロスコープ:あなたの「チャレンジ」を選んでください  

 第1章 やる力、やらない力、望む力 : 潜在能力を引き出す3つの力

  本能に流されずに生き抜く
  出世も勉強も寿命も「意志力」が決める
  前頭前皮質があなたをコントロールする
   マイクロスコープ:できない理由を特定する
  脳は1つでも「自分」は2人いる
   マイクロスコープ:もうひとりの自分に名前をつける
  本能を目標達成に利用する
   第一のルール「汝を知れ」
   意思力の実験 「選択した瞬間」をふり返る
  失敗する瞬間に気づく
  脳の灰白質を増強する
   意志力の実験 5分で脳の力を最大限に引き出す
  自分を何度も目標に引き戻す

 第2章 意志力の本能 : あなたの体はチーズケーキを拒むようにできている

  体が勝手に「衝動的」になる
  こうしてあなたは誘惑に負ける
   マイクロスコープ:なぜ「やりたくないこと」をしてしまうのか?
  ひと呼吸おいて考える本能
  「自己監視システム」が脳にエネルギーを集める
  意志の強さは「心拍変動」でわかる
  食べ物で「意志力の保有量」が変わる
   意志力の実験 呼吸を遅らせれば自制心を発揮できる
  「運動」すれば脳が大きくなる
  この2つを「しなければ」意志力が上がる
   意思力の実験 グリーン・エクササイズで意思力を満タンにする
  「6時間の睡眠」が脳を弱くする
   意思力の実験 眠りましょう
  「する」が失敗したら「しない」を決める
   意志力の実験 体にリラクゼーション反応を起こす
  ストレスは「一瞬」でやる気を奪う
   マイクロスコープ ストレスでいかに自制心が落ちるかを試す

 第3章 疲れていると抵抗できない : 自制心が筋肉に似ている理由

  自制心は筋肉のように鍛えられる
   マイクロスコープ 意志力の増減を観察する
  「大事なこと」をやる時間帯を変える
  甘いものが「自己コントロール」を回復させる
  「1分の自制」の消費エネルギーはミント半分以下
  脳はエネルギーをお金のように使う
  腹が減っていると危険を冒してしまう
   意志力の実験 お菓子の代わりにナッツを食べる
  「意志力」を鍛える
  「難しいほうを選ぶ」ことを繰り返す
   意志力の実験 目標に関係のある強化法をやってみる
  限界を感じるのは脳にダマされているだけ
  「意志力の限界」は超えられる
   マイクロスコープ 疲労感を気にしない
  「望む力」が限界を引き延ばす
   意志力の実験 「望む力」をつくりだす

 第4章 罪のライセンス : よいことをすれば悪いことをしたくなる

  人は「まちがった衝動」を信用する
  「モラル・ライセンシング」が判断を狂わせる
  しようと考えただけで、した気になってしまう
  人は正しいことは「したくない」と感じる
   マイクロスコープ 自分の「言い訳」を知る
  脳が勝手に「やるべき目標」を切り替える
  「やることリスト」がやる気を奪う
   意志力の実験 「なぜ」を考えれば姿勢が変わる
  サラダを見るとジャンクフードを食べてしまう
  「意志が強い」と思っている人ほど失敗する
   マイクロスコープ 「あとで取り返せる」と思っていませんか?
  人には「明日はもっとできる」と考える習性がある
   意志力の実験 「明日も同じ行動をする」と考える
  後光効果が「罪」を「美徳」に見せかける
  意志を骨抜きにする「魔法の言葉」
   マイクロスコープ 誘惑の「キーワード」を見つける
  エコ活動が罪悪感を鈍らせる
  罰則をつくればルール破りが増える?

 第5章 脳が大きなウソをつく : 欲求を幸せと勘ちがいする理由

  人が刺激を「やめられない」脳の部位
  快感の「予感」が行動を狂わせる
  ドーパミンは「幸福感」をもたらさない
  「携帯ドーパミン装置」が生活を埋め尽くしている
   マイクロスコープ ドーパミンの引き金を探す
  退屈な作業を「ドーパミン化」する
   意志力の実験 「やる力」とドーパミンを結びつける
  「欲しいもの」は反射的に不安を生み出す
   マイクロスコープ 欲望のストレスを観察する
  脳内物質に操られて破滅的な行動をし続ける
   意志力の実験 快感の誘惑に負けてみる
  欲望がなくなった人間はどうなるか?
  ほんとうの報酬とまやかしの報酬を見分ける

 第6章 どうにでもなれ : 気分の落ち込みが挫折につながる

  大半の「ストレス解消法」は意味がない
   意志力の実験 根拠のある方法を実行する
  死亡事故を見たらロレックスが欲しくなる
  タバコの警告表示はなぜ「逆効果」なのか?
   マイクロスコープ 「あなたが恐れていること」は何ですか?
  ニュースをやめたら夜食が減った
  「どうにでもなれ効果」ー 一度失敗するともっとダメになりたくなる
   マイクロスコープ つまずいたとき自分に「何」を言っていますか?
  なぐさめの言葉で「どうにでもなれ効果」が緩和される
  自分に厳しくても意志力は強くならない
   意志力の実験 失敗した自分を許す
  「変わろうと思う」だけで満足してしまう
  「いつわりの希望シンドローム」が起こす快楽
   マイクロスコープ 「決心するだけ」を楽しんでいませんか?
    意志力の実験 決意を持続させるためのシミュレーション

 第7章 将来を売りとばす : 手軽な快楽の経済学

  「すぐに」手に入れないと気が済まない
   マイクロスコープ 将来の報酬の価値を低く見ていませんか?
  「5年後の成果」など脳は望んでいない
  目に入るから「報酬システム」が作動する
   意志力の実験 「10分待つ」と何が起こるか?
  10分ルールでタバコを減らす
  「割引率」が10年後の成功を決める
   意志力の実験 割引率を下げる
  「将来の報酬」を自分に意識させる
  背水の陣で「もうひとりの自分」と戦う
   意志力の実験 逃げ道をなくす
  「あなた2.0」に会う
  つねに「将来の自分」を過大評価している
   マイクロスコープ 「万能の自分」を待っていませんか?
  2カ月後の約束なら「より多く」を引き出せる
  バーチャル体験で貯金が増える
   意志力の実験 未来に行って「将来の自分」に会う

 第8章 感染した! : 意志力はうつる

  肥満はこうして感染する
   マイクロスコープ あなたの「感染源」を発見する
  「他人の欲求」を自分の欲求のように感じる
  脳は「目にした失敗」をまねたがる
   マイクロスコープ 誰の「まね」をしていますか?
  「目標感染」が起こる条件とは?
   意志力の実験 意志力の「免疫システム」を強化する
  ルール違反の「形跡」が自制心を低下させる
   意志力の実験 「鉄の意志をもつ人」のことを考える
  「好きな人」から感染する
   マイクロスコープ 誰の影響を最も受けていますか?
  「ろくでなしの仲間」にはなりたくない
  よいことをするより仲間をまねたい
   マイクロスコープ 努力をするのを「ふつう」にする
  「恥の効果」を利用する
  落ち込んでいるときは誘惑に負けやすい
  プライドが意志力の「保有量」を増やす
   意志力の実験 「認められたい力」を作動させる
  「最後の授業」で言い渡した課題

 第9章 この章は読まないで : 「やらない力」の限界

  好印象をねらうほど不愉快なことを口走る
  思考の「モニター機能」が破滅を導く
  頭に浮かぶことは真実だと思い込む
   マイクロスコープ:「皮肉なリバウンド効果」を検証する
  コントロールしなければコントロールできる
  「考えるな」と言われたことを「実行」してしまう
  ダイエットは体重を「増やす」行動
   マイクロスコープ 自分に何を禁じていますか?
  「思考」を抑えつけず「行動」だけ自制する
   意志力の実験 欲求を受け入れるー ただし、従わないで
  「禁止」を「実行」に変えればうまくいく
   意志力の実験 「やらない力」を「やる力」に変える
  「衝動」を観察して自制心を強化する
   意志力の実験 「欲求の波」を乗り越える
  意志力に最も大切な3つのこと

 第10章 おわりに : 自分自身をじっと見つめる




以前からベストセラーの一冊となっており、気になっていた本です。先日も運輸関係の講演を聞いた際に、講師の方がこの本についてコメントしていたのがきっかけで購入し、先週読み終わった。

何事においても重要なことは、自身がそのことを続けていこうとする「意志力」であることに間違いはない。「意志力」がなければ、やるべきことは続かないし、周囲の人間もついていかないだろう。

ただ、本人にとって「意志力」を意識して、継続させようとすることは至難のことである。

それを科学的に解説して、自分自身で「意志力」を高めるための方法を語ったのが本書である。大学での科学の講義そのものを著書にしているため、後半になるとやや読みにくさも出てくるが、貴重な一冊である。

(2013.07.26

462 ★★★ 今週の読書トピック( 7/14 - 7/20 ) ★★★  


 



【 読了本 】



ケリー・マクゴニガル (著), 神崎 朗子 (翻訳) 




横山 信弘 (著) 



【 読中本 】




ジョン・C・マクスウェル (著), 渡邉 美樹 (監修, 翻訳) 




【 トピック 】

-- 7月18日(木)--

職場の核になるメンバーを集めてこの日にセッションを行った。 最初は、どんな雰囲気になるか不安であったが、杞憂であった。始まってみたら、それぞれが真剣に考えていることをアウトプットしてくれた。これからの展開が楽しみである。






category: 今週のトピック

tb: 0   cm: 0

461 「日経ビジネス(2013.7.15号)」  


 



今週の特集は「日本食」。「ミシュラン」が認めるグルメスポットはフランスよりも日本の方がずっと多いそうだが、観光客はフランスの10分の1だそうだ。観光立国日本をどのように作っていくの、ひとつのアイデアを示している。

今週号でとくに興味を持ったのは「マネジメント」欄の「経営新潮流-短時間正社員の活用」。これからの働き方のスタイルに関する方向性を示している。 

(2013.07.15)

460 ★★★ 今週の読書トピック( 7/7 - 7/13 ) ★★★  


 



【 読中本 】



ケリー・マクゴニガル (著), 神崎 朗子 (翻訳) 






小林三郎(元・ホンダ経営企画部長) (著) 


ジョン・C・マクスウェル (著), 渡邉 美樹 (監修, 翻訳) 




【 トピック 】

-- 7月8日(月)--

4年ほども前から研修でお世話になっている前川孝雄さんが私の職場を訪れてくれて、懇親会にもご一緒していただいた。 職場では今年度から設置した図書コーナーの前川さんの著書にサインをしていただいたり、最新刊を寄贈していただいた。 嬉しい限りである。 このような機会をより多くの社員が自身の成長を意識するきっかけにしていくことが、我々の使命だと思う。頑張ろう。



category: 今週のトピック

tb: 0   cm: 0

459 映画 「真夏の方程式」 西谷 弘(監督)  


 

解説

東野圭吾の小説が原作のテレビドラマ「ガリレオ」シリーズの劇場版第2弾。とある海辺の町を訪れた物理学者・湯川学が、そこで起きた殺人事件の悲しい真相に直面する姿を、一人の少年との出会いを絡めて描く。テレビ版と前作に続いて福山雅治が主演を努め、子どもが苦手なのにもかかわらず、少年のために事件に挑む湯川を体現する。『妖怪人間ベム』シリーズの杏、ベテラン風吹ジュンら実力派が共演。科学技術と自然の共存という、劇中に盛り込まれたテーマにも着目を。

あらすじ

きれいな海に面した玻璃ヶ浦で計画されている、海底鉱物資源の開発。その説明会に招待された物理学者・湯川学(福山雅治)は、緑岩荘という旅館を滞在先に選ぶ。そして、そこで夏休みを過ごす旅館を営む川畑夫婦(前田吟、風吹ジュン)のおい、恭平と知り合う。次の朝、堤防下の岩場で緑岩荘に宿泊していたもう一人の客・塚原の変死体が発見される。図らずも事件に直面した湯川は、旅館廃業を考えていたという川畑夫婦や、夫婦の娘で環境保護活動に奔走する成実(杏)らと塚原の思わぬ因縁を知る。



11日、久しぶりの平日に午前中から映画館で映画を観た。 気持ち良いね。  ところで、この映画、「実におもしろい!」。

category: 映画

tb: 0   cm: 3

458 ★★★ 今週の読書トピック( 6/30 - 7/6 ) ★★★  


 

ケリー・マクゴニガル (著), 神崎 朗子 (翻訳) 




古我 知史 (著)



【 購入本 】




【 トピック 】

-- 7月5日(金)--

あっという間に6月が終わり、7月に入った

4月からスタートした新たな職場での3カ月が終わり、次の3か月へ。今まで、「四半期」ということをよく使ってきたが、今ほど、この単位の意味が重くのしかかることはなかった。

しっかり進めねば。



category: 今週のトピック

tb: 0   cm: 0

457 「99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ」 [Kindle版] 河野英太郎 (著)  


 








目次

 はじめに

 CHAPTER 1 メンバー選びのコツ

  1. 4 番バッターばかり集めない
  2. 「自分がトップ」のチームにしない
  3. 異分子を入れる
  4. 性格の違いを大事にする
  5. 多様性を意識する
  6. 相談できる人を一人は入れる
  7. イエスマンに注意する
  8. 適宜シャッフルする
  9. 最後は本人に決めてもらう

 CHAPTER 2 仕事の依頼のコツ

  1. 積極的にお願いしていい
  2. ビジョンを添える
  3. メリットを添える
  4. 感情を添える
  5. 箸の上げ下ろしまで口出ししない
  6. 決まったら実行してもらう
  7. バランスは考えない

 CHAPTER 3 メンバー評価のコツ

  1. 評価を伝える
  2. 手がらは必ずメンバーに渡す
  3. その場で・具体的に・心からほめる
  4. 間接的にほめる
  5. ネチネチ言わない
  6. 安い同情はしない
  7. 説明できない引き上げをしない
  8. 「不公平」は評価で救う

 CHAPTER 4 トラブル対処のコツ

  1. メンバーの SOS は最優先で対応する
  2. 感情的にならない
  3. 感謝を伝える
  4. 悪い話は対面で聞く
  5. 全権掌握する
  6. 矢面に立つ
  7. チームを守る
  8. メンバーの顔をつぶさない
  9. 自分のミスは素直に認める
  10. 安易に謝罪しない

 CHAPTER 5 チームを前進させるコツ

  1. とにかく決める
  2. 一貫性を保つ
  3. 朝令暮改を恐れない
  4. 「やるべきこと」と「やりたいこと」の二軸で考える
  5. キーワードを浸透させる
  6. 能動的なチームをつくる
  7. 1対1で話す
  8. 間接的に人を動かす
  9. どうでもいい部分は妥協させる
  10. 細かいことはあえて言わない
  11. 「私たち」と言う
  12. 現場を見る
  13. 「言い訳」でなく「解説」する
  14. できるだけ手順化する

 CHAPTER 6 モチベーションを高めるコツ

  1. 安心させる
  2. 関心をもつ
  3. 悪口を言わない
  4. やる気に火をつける
  5. 方向づけをする
  6. 「話す」より「聞く」
  7. 任せる
  8. 大人扱いする
  9. 相談する
  10. 情報を積極的に渡す
  11. ライバルをほめる
  12. 「温度差」を受け入れる
  13. 失敗してもチャンスを与える

 CHAPTER 7 人を育てるコツ

  1. リーダーはなぜ人を育てるのか?
  2. 「文句」と「意見」を区別する
  3. 昔話をしない
  4. 自分の価値観で考えない
  5. 「転職したい」と言われたら
  6. 1日1%でも成長させる
  7. 自分も学び続ける
  8. リーダーを育てる
  9. リーダーの靴をはかせる
  10. 「院政」を敷かない

  CHAPTER 8 自分を整えるコツ

    1. 上機嫌でいる
  2. ため息をつかない
  3. いつでも暇をよそおう
  4. 気負いすぎない
  5. 完璧であろうとしない
  6. 知ったかぶりをしない
  7. 「孤独」を受け入れる
  8. 他人を頼る
  9. 影響力を自覚する
  10. 誹謗中傷は相手にしない
  11. 性善説をつらぬく

 おわりに



この著者の本は2冊目。前作の99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ もなかなか興味を持って読めるものだったが、入社して3年くらいの社員が対象としているような「仕事のコツ」の本であり、やや物足りなさが残った感があった。

今回は同様のタイトルとして、リーダーのコツについて書かれている。 前作よりももう少し経験を経て、部下を持つようになった社員向けのコツが書かれている。痒いところに手が届くような、知っていそうで忘れていたというか、気が付かなかったようなこともあり、とても参考になる。

お薦めの1冊である。

(2013.07.06)

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

▲ Pagetop