FC2ブログ
「自分を磨こう!」My favorite books ホーム »2015年10月
 
2015年10月の記事一覧

【書籍】 「リーダーは夢を語りなさい」 矢部 輝夫 (著)  

644


リーダーは夢を語りなさい_convert_20150812100454

出版社: PHP研究所 (2015/6/19)



今年7月にPHPビジネス新書の副編集長であるN氏とお会いした際にいただき、すぐに読み終わっていたのだが、そのままになっていた。
先日、某所でN氏と再会した際に感想を伝えたのだが、そういえばブログへの記載をしていなかったなと気づき、遅ればせながら今回アップした次第である。

本書の著者である矢部氏は、「TESSEI」の改革で知られており、その取り組みについては数冊の著書が出版されている。「奇跡の職場 新幹線清掃チームの働く誇り」 もその一冊であり、私も昨年4月にブログに記載した。
また、遠藤功氏の著書に「新幹線お掃除の天使たち 「世界一の現場力」はどう生まれたか?」 があり、これも先ほどの記事と同時期にブログに掲載している。

今回の「リーダーは夢を語りなさい」は、そのTESSEIでの取り組みではなく、そこに至るまでの矢部氏の半生が綴られている。自身の出生から語り始められるその半生は、とても順風満帆とは言えない歴史である。

著者が「TESSEI」を任されて改革を行うことができたのは、国鉄入社後の様々なしがらみとの戦いなど、それまでの著者の歴史が本物であり、バックボーンとなっているのだということがよくわかる。

特に、本書冒頭の「現場力はリーダーシップが強くする」という項目に掲載されている内容(下図)については実に真実を突いていると共感した。

スライド1 


やはり、現場力を上げ、職場を継続して改革・改善を図るには、本社・支社といった方針が重要であることは当然である。その上で、社員の意識改革が図られていくのであろう。

ただ、現場のリーダーシップは、会社全体の動きを受動的に待っていたのではダメである。自ら自部門の改革を図る意識を持たなければならない。それが現場でのリーダーシップである。

本書の最後に「まずはリーダーが幸せになりなさい」とあるが、リーダーを始め、社員が元気で、その家族を含めて幸せになるためには、リーダー自身が幸せを感じられなければならない。
現場のすべての社員がリーダーシップを発揮できるような自律的な環境を目指して取り組んでいくために本書はとても参考になる一冊であった。

(2015.10.12)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★★  
 読みやすさ ★★★★★
-----------------------------------


トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください

-- 続きを読む --

category: ビジネス(新書)

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

【書籍】 「1%の力」 鎌田 實 (著)  

643

1%の力_convert_20151011091054

出版社: 河出書房新社 (2014/9/17)



10月3日(土)にあるセミナーで著者の講演を聞いた。著者のことは、「日経ビジネス」の巻末に連載されている「賢人の警鐘」で知ってはいたが、実際の生い立ちや活動について詳しくは知らなかった。

今回の講演を聞いてとても感動をし、ぜひ著書を読もうと思って手にしたのが本書である。kindleの電子書籍を購入したのだが、講演の内容と重なる話があり、改めて著者の取り組みについて素晴らしいと感じた次第である。

また、本書の趣旨である、それぞれの個人が100%のうちの1%だけを相手を思いやることに使う、他者のためのことを考えることによって、自分自身の生き方も変わってくるという趣旨にはとても共感した。

実際にそれを実行に移すことは簡単にできることではないが、改めて自分の日々の行動について考えさせられた一冊である。

(2015.10.11)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★★  
 読みやすさ ★★★★★
-----------------------------------

続いて次の本も読んでいる。著者の原点とも言える一冊である。

がんばらない_convert_20151011091427


「がんばらない (集英社文庫)」 (2003/06)





category: ビジネス書籍

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: Kindle  電子書籍  癌治療 
tb: 0   cm: 0

【書籍】 「アタマがみるみるシャープになる! 脳の強化書」 加藤 俊徳 (著)  

642

脳の強化書_convert_20150924201539

出版社: あさ出版 (2010/3/15)



読了ではなく、FeBeでダウンロードして聴き終わりました。

最近、新聞やテレビなどマスコミなどで老化による様々な健康障害や、認知症の話題とかも多く、自分もそれなりの年齢になってきたこともあり、将来どうなるかと心配になることがある。

まだまだ先のことだなどと言ってられないような気がして、何か今からできることはないだろうかと考えていたところ、以前から評判になっていて気になっていた本書をFeBeで発見し、今回一通り聞いてみた。

本書の著者は脳科学者であり、これまでも多数の著書を出版しているが、脳を目覚めさせる66のトレーニングメニューが説明されているということで、その中から、例えば「利き手でない方の手で歯を磨く」という具体的なメニューを試し始めている。

実際、それがどう効果を表すのかは不明であり、自分では検証もできないが、せめてもの老いに対抗するためにも何かを実践していく手助けにはなる。

参考にしていきたい。

(2015.10.03)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------

トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください

-- 続きを読む --

category: ビジネス書籍

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: Febe  オーディオブック 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

▲ Pagetop