FC2ブログ
「自分を磨こう!」My favorite books ホーム »2015年12月
 
2015年12月の記事一覧

【Kindle】 「しんがり 山一證券最後の12人」 清武英利 (著)  

647

しんがり

出版社: 講談社 (2015/8/20)



WOWOWのドラマが話題になっていたが、加入していないので本だけでも読んでおこうとKindle版を購入した。

本書の著者である清武英利氏の著書は、「切り捨てSONY」を初めて読み内容に引き込まれたのだが、この著者がなぜジャイアンツの球団社長をやっていてあんなに叩かれたのだろうということまで興味を持って調べることになってしまったことを覚えている。

「切り捨てSONY」も大変興味深かったが、今回の山一證券の廃業にいたるノンフィクションも言わば手に汗握る展開で大変おもしろく読むことができた。

廃業時の会見で、当時の社長が号泣しながら「社員は悪くないんです」と訴えていた姿が記憶にあるが、本書はこの場面の背景からスタートする。その後、この社長が就任する時期まで遡り、読み進むうちに何故これほどの証券会社が破たんしなければならなかったのがよくわかる内容となっている。

1980年台からのバブル期に日本の金融機関がどのようなことをしていたのか、日本という国がどういう状況だったのかも垣間見ることができる。

会社という組織に所属していた社員、その家族、何も知らないで会社のためと思って働いていたところ、ある日突然のように破綻が訪れる。そんなことがあってよいのだろうか、つくづくそう思う。

ただ、このような事情でありながら最後まで読むと、破たん後もほとんどの社員が何らかの形で再就職することができ、また「山一」に所属していたことを恨む社員が見当たらないというくだりには、安堵感を覚えた。 破綻のきっかけを作っている経営陣は確かにいるのだが、誰か一人が問題だったということではなく、会社という組織が作り出した虚像が実行させ、誰も留めることができなかった、そしていつの間にか破綻にまで追い込まれてしまった、引き返すことができなくなってしまったということなのだろうと思う。

今年最後に記憶に残る一冊を読むことができた。

(2015.12.31)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★★  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------

「目次」はこちら ⇩ トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください

-- 続きを読む --

category: 電子書籍

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: Kindle  電子書籍 
tb: 0   cm: 0

【書籍】 「この1冊でポイントがわかる ダイバーシティの教科書」  前川 孝雄 (著), 猪俣 直紀 (著), 大手 正志 (著), 田岡 英明 (著)  

646

ダイバーシティの教科書_convert_20151214220217

出版社: 総合法令出版 (2015/11/20)


前回のブログ記載から1ヶ月以上が経過してしまったが、本書のコメントを書くためにブランクがあったと思っている。本書は前回のブログで記載した著者である前川孝雄氏が代表を務めているFeelWorks社のメンバーが共著している書籍であり、前川氏の書籍と共に実に有意義な一冊である。


本書のタイトルからは、企業におけるダイバーシティ取り組みのノウハウに関して書かれた書籍だと思われがちであるが、実はそのようなノウハウ本ではない

確かに、現代における多様な社員に対する接し方や企業としての方針などについてアドバイスしている章立てにはなっている。 しかし、各章において「女性」の活躍についての解説であったり、「障害者雇用」に関して企業として考えなければならないことであったりするのだが、それらの章ごとに単独で解説することを目的として出版された本ではないことが、全体を通して読んだ時によくわかる。

つまり、多様な社員一人ひとりを採用し、組織として育てていくための一つ一つのパーツについて解説しながら、全体として「人が育つ組織」をいかに作り上げていくかという指南書であると言える。

それは、第10章の前川孝雄氏が担当している章を読むとわかるのだが、それまでの各章で書かれた多様な社員、そして従来から組織の中で従事している社員を含めて、一人ひとりが育つ組織をつくり、企業が将来にわたって存続し続けるためには、いま何が企業にとって必要なのかということについて書かれた本と言える。

そのことは「おわりに」を読めばより一層よく理解できるので、本書を読む際には、「おわりに」を先に読むことを私はお奨めしたい。

そのうえで、全体を読み終わった後には、前川孝雄氏の近著である「上司の9割は部下の成長に無関心(PHPビジネス新書)」を読むことをお奨めしたい。 一つでも多くの「人が育つ組織」が増えていくことを願いたい。

(2015.12.14)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★★  
 読みやすさ ★★★★★
-----------------------------------

【目次】はこちら ↓ トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください

-- 続きを読む --

category: ビジネス書籍

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

▲ Pagetop