FC2ブログ
「自分を磨こう!」My favorite books ホーム »2017年02月
 
2017年02月の記事一覧

【書籍】 「小暮写眞館 (講談社文庫)」 宮部 みゆき (著)  

698


  • 出版社:講談社 (2013/10/16)

  


少し前に読み終わっていたのだが、ブログへの掲載を怠っていたもの。

とても気持ちの良い読後感です。こういう小説を書ける作家ってやはりすごいです。著者はスティーブン・キングのファンだそうですが、もしかしたら「スタンドバイミー」を意識した小説なのかもしれないと思いました。

ところで、読み終わって「小湊鉄道 宮部みゆき」と検索したら知人のブログがヒットしました。
紹介しておきます。

http://kiribo.at.webry.info/201104/article_14.html

(2017.02.26)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★★  
 読みやすさ ★★★★★
-----------------------------------




category: 小説(文庫)

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

【書籍】 「がん消滅の罠 完全寛解の謎」 岩木 一麻 (著)  

697

がん消滅の罠_convert_20170212103134

  • 出版社:宝島社 (2017/1/12) 




宝島社が主催する「2017年・第15回このミステリーがすごい大賞」受賞作品。ただし、受賞時点では「救済のネオプラズム」というタイトルであったが、出版にあたり改題されたようである。

確かに原題では内容がわかりにくいだろう。書籍はタイトルで惹かれるかどうかというの大きな購入動機になりますからね。

さて、内容であるが、余命半年と受診された末期ガン患者が生命保険会社から生存保険金を受け取った後に病巣がなくなり、全快してしまう、それも主人公の医師が診断した患者4人もが。
疑問を感じた主人公らがその謎に迫るというストーリーである。

確かに審査員の評価にあるように医療ミステリーとしては傑作かもしれないが、いわば医療に素人の我々ではやや理解しにくい言葉や展開などがあり、少々読みづらい面はある。それでも話の展開はとても意外であり、一気に最後まで読み進んでしまう迫力は十分に感じる。

作者の次回作以降にも期待したい。

(2017.02.12)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------





category: ミステリー

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

▲ Pagetop