FC2ブログ
「自分を磨こう!」My favorite books ホーム »2018年06月
 
2018年06月の記事一覧

【書籍】「遠い山なみの光」、「浮世の画家」 カズオ・イシグロ(著)  

743
遠い山なみの光_convert_20180623220129    浮世の画家_convert_20180623220144
小野寺 健(訳)           飛田 茂雄(訳)
        早川書房 (2001/9/1)       早川書房(2006/11/1)



「日の名残り」を読み終わった後に、著者に興味が湧き、それ以前に発行されている長編を読もうと、「遠い山なみの光」、「浮世の画家」を続けて読み終わった。

どちらの作品も、第二次大戦後の日本を舞台にして、日本人を主人公として描いている小説である。主人公だけでなく、登場人物は全て日本人であるが、このような作品を例え出身が日本だからといえ、5歳から両親と共に渡英し、以降英国人となっているロンドン在住の作家が描こうとした意図は私には理解を超えているものがある。

「日の名残り」でもそうであったが、著者は、時代の流れと人の価値観がすれ違い、生きにくくなってしまう主人公を中心として、日常の生活を繰り返し描くことで人間の運命のようなものを描こうとしているのだろう。

後から読んだ「浮世の画家」でも戦前から名声を博した画家でありながら、戦中から戦後の、特に戦後の日本の価値観の変化に自分自身を変えられない気持ちをうまく描いていると思う。

そのことを訳者があとがきで「挫折を味わった老人の独善、自己呵責、その克服と、新しい前向きの人生の探求という、内面的葛藤のドラマをみごとに描ききった。その底に流れる著者の温かい人間愛は実に感動的である」と書いている。

ここまでの洞察は私には難しいが雰囲気をよく表しているように思う。

今回も翻訳はとても良いし、読みやすい。ただ、やはり外国の作家が描いた作品のせいだろうが、入り込み方は容易ではないと思う。英国ほどに日本で絶賛されることはないのはそのせいだろう。

ただ、私は興味を持って読むことができたし、今後も彼の著作を読んでみようと思っている。

(2018.06.23)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------

category: 海外小説(文庫)

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

【書籍】「読書という荒野 」見城 徹 (著)  

742

読書という荒野_convert_20180616221953

出版社:幻冬舎 (2018/6/6)



新聞広告欄に掲載されていたのを見て興味が湧き、早速、Amazonで購入して読んだもの。

私は後輩や部下に読書を勧める機会があれば、「自分の人生では歩めない世界を体験することができる」と言っている。自分の人生に少しでも幅を持たせ、自分自身が生きやすくなればとの思いがある。

今回、見城徹氏の読書論である本書を読んでまさに目からうろこのように共感を覚えた。 見城氏いわく、「読書の意味とは、自分一人の人生では経験できないことを味わい自分の問題として捉え直し、他者への想像力を磨く点にある」と。

本書の文中にも「圧倒的」、「決定的」という文字が何度も出てくるが、見城氏のこれまでの人生には「圧倒」されるというようなレベルではない体験を感じる。もちろん学生時代から編集者になりたいと思って本を読み漁ってきたという経験に基づいているものはあるが、決してそれだけではない。

彼の経験談の中に、五木寛之や石原慎太郎に作品を書いてもらうために何をしたかが書かれているが、編集者になったばかりでそこまでのことができるかと思うほど、稀有な人だと思う。
圧倒される思いである。

このような著者の読書の勧めを読み、自分としては劣等感を感じるばかりであるが、それは彼と自分とを同じ土俵で比べるから劣等感になるのであって、人生自体が異なるのだから劣等感を感じることはない。自分自身の人生を歩めばよいのだ。ただ私にとっても読書が人生の羅針盤となっていることは間違いないし、本書もその一冊に違いない。

最後にある「読書とは、自己検証、自己嫌悪、自己否定を経て、究極の自己肯定へと至る、最も重要な武器なのである。生きていくということは矛盾や葛藤を抱えて、それをどうにかしてねじ伏せるということだ。」を、私もこれから残された人生を歩むうえで少しでも近づけていきたい。

(2018.06.16)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★★  
 読みやすさ ★★★★★
-----------------------------------

「目次」はこちら ⇩ トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください

-- 続きを読む --

category: ビジネス書籍

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

【書籍】「「言葉にできる」は武器になる。」 梅田 悟司 (著)  

741
言葉にできる_convert_20180616220916

出版社:日本経済新聞出版社 (2016/8/26)



昨年8月に発売以来、ベストセラーになっている本を遅ればせながら読んだ。率直な感想は、シンプルだがとても示唆に富んだ有意義な内容だった。

「7つの習慣(スティーブン・R・コヴィー(著))」の「第2の習慣・終わりを思い描くことから始める」の解説の中に、「すべてのものは2度つくられる」という説明がある。これは人が何か行動を起こすときには、まず頭の中でやることを考え(第一の創造)、そして行動する(第二の創造)ということから、「すべてのものは2度つくられる」ということである。

本書を読み始めてこのことを思い起こした次第である。というのも、本書に「言葉が意見を伝える道具であるならば、まず、意見を育てる必要がある」という前提が語られている。つまり、アプトプットする「言葉」の前には、「意見」があるというわけである。これは、上記の「第二の習慣」と全く同じことを言わんとしていると考えたわけである。

確かに私たちは何気なく言葉にしているが、自分で発していてもよく理解していることについては自分で話していても自分でよくわかるような気がするし、理解せずに話しているようなときには、「これでは相手もわからないだろうな」などと胸の中で考えたりしていることがある。

本書はここをずばり指摘しているわけである。言葉を発しているんだったら、意見を磨いた方がよいでしょ、というわけである。そしてそのうえで表現するにあたっては、その表現の仕方も磨いていきましょうということで、ここは知っているのと知らないのでは大きな違いになると思われる内容である。

もっと早く読んでおけばよかったと思ったが、別に自分の人生だ、これから意見を磨き、発する言葉を武器にできるようにしていきたいと考えた次第である。

(2018.06.15)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★★  
 読みやすさ ★★★★★
-----------------------------------

「目次」はこちら ⇩ トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください

-- 続きを読む --

category: ビジネス書籍

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

【書籍】「未来」 湊 かなえ (著)  

740
未来_convert_20180616215633

出版社:双葉社 (2018/5/19)



「デビュー10周年、湊かなえの集大成」という書店のポスターを見て興味がわき、購入して読み先月末くらいに読み終わっていたもの。

もともとこの著者の本を読んだのはデビュー作である「告白」くらいであり、敢えて「集大成」だからといってこれまでの彼女の著作の総まとめをするつもりはなかったのだが、何となくそのポスターに釣られてしまったというのが正直なところ。

読み始めてしばらく、少女の日記形式の内容が続くのだが、このあたりからちょっと不安になってきた。これから先におもしろさが出てくるのだろうかという不安である。もしかすると選択ミスではないかという不安である。

結局、最後まで読み切りはしたが、後味としてはあまりよくないものだった。確かに親と子という関係についての提起と受け止められなくはないが、それが私にはしっくりと入ってこなかった。

湊かなえが「イヤミスの女王」と呼ばれていることを読み終わった後で知った。「イヤミス」という言葉を知らず、ネットで調べたら「後味が嫌になるミステリー」のことだそうだ。こういうのを好む読者がかなりいるようだが、私はちょっと遠慮しておきたいと思った。それぞれですよね。

(2018.06.15)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★☆☆☆  
 読みやすさ ★★★☆☆
-----------------------------------

category: ミステリー

tb: 0   cm: 0

【書籍】「定年準備 - 人生後半戦の助走と実践」 楠木 新 (著)  

739
 
定年準備_convert_20180606212753

出版社:中央公論新社 (2018/5/18)



著者はこれまでにも10冊以上の著書があるが、昨年4月に発行された前作の「定年後」が大ベストセラーとなり、その後、雑誌の特集記事や講演など引っ張りだこになっているそうである。その著者がその続編として出版したのが今回の「定年準備」。前作が「後」だったが、今回は「準備」としているので、ターゲットを定年前の年齢層に置いたのだと思われる。

前作にも書かれていたが、著者は、定年退職後に別の仕事をして活躍している人や、早期退職をして新たな職場や仕事で活躍している人に対して数多くのインタビューを重ねてきている。それらの蓄積が前作でもよくまとめられていたが、本作はそれをより前面に数多く紹介しており、そのまとめとして最終章では定年退職するにあたり、こんなことを考えておいた方が良いですよ、というアドバイスで締めくくっている。

前作は、「定年退職」、「60歳」という年代について、今の時代においてどのような位置づけなのかを新たに切り取った感があった。時代は、「人生100年時代」という「ライフ・シフト」から始まった新たな人生の築き方に大きく傾いてきている時代であり、そのための働き方の見直しなど、世の中全体が自分の人生をもう一度見直そうという流れになっている時期でもあった。そのためのブームであり、この一年は多くの週刊誌などの雑誌でも特集があった。

私自身がちょうど定年退職を迎えた時期でもあったので、「定年後」は大変興味深く読み、定年後を生きていく私にとって様々なことを考えるきっかけとなったと言っても過言ではない。今回の著書はその時ほどセンセーションに受け止める内容ではないが、より具体的に、多くの事例(人生)が書かれていることにより幅を広げ、より多くの方に受け止められるような内容になっていると思われる。

確かに現代のような不安定な時代、そして、定年退職まで働いてそのまま悠々自適にとはいかないことが目に見えている時代にあっては、このような著書は心強いアドバイスになるのではないだろうか。もちろん自分自身が自身をどのような方向に向けていくか、しっかり考えることがあってのことではあるが…。

(2018.06.06)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------

「目次」はこちら ⇩ トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください


-- 続きを読む --

category: 社会一般(新書)

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: 定年 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

▲ Pagetop