FC2ブログ
「自分を磨こう!」My favorite books ホーム »2019年08月
 
2019年08月の記事一覧

【Kindle】「むらさきのスカートの女」 今村夏子 (著)  

812



出版社: 朝日新聞出版 (2019/6/7)



 2019年上期の芥川賞受賞作。いつものとおり「文藝春秋」9月号を購入して読んだ。著者の印税収入には貢献しないことになるかもしれないが、読むという行為で貢献したい。

 Amazonの著者紹介を読むと、1980年生まれ、2010年だから30歳の時に書いた「あたらしい娘」という小説で太宰治賞を受賞している。改題した同作品を含めた中短編集「こちらあみ子」で三島由紀夫賞を受賞しており、芥川賞にも今回で3回目の候補ということであった。

 その上で今回受賞したということであれば女流作家とはいえ、そこそこ食指を伸ばしてみたくなるのではないだろうか。

 さて、単行本でも110ページという短編であるから通勤の2日間で読み終えた。
 しかし、読後最初の印象は「これが芥川賞受賞作?」である。
 作品は、近所に住むいつも「むらさきのスカート」を着ている女。その女の行動を逐一観察している「黄色いカーディガン」の女が「私」であり、物語の「話者」となっている。ところがこの話者による物語が現実に把握できる範囲を超えていることに読んでいて気がつく。となるとこの物語は主人公の話者を通してではなく、作者自身の語りなのかと思うとそうではない。それが物語が進むにつれて対象の女と話者が融合しているような感覚にとらわれる。

 これまでの作者の作品を読んでいないので、これまでもこのような作品なのかわからないが、私自身はちょっと受け止め難い作品だった。

 同雑誌の選評を読むと、登場するこの女性二人の描き方を評価している評が多かった。芥川賞というジャンルに私自身が合わなくなっているのかと考えてしまった。

(2019.08.29)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★☆☆☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------


☆ 購入日 2019年08月16日(金)
☆ 価格  1,404円
☆ 読了日 2019年08月25日(日)




「内容」はこちら ⇩ トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください


-- 続きを読む --

category: 小説(電子書籍)

thread: 読んだ本

janre: 本・雑誌

tag: Kindle  芥川賞 
tb: 0   cm: 0

【書籍】「さよならの儀式」 宮部みゆき (著)  

811



出版社: 河出書房新社 (2019/7/10)



 新聞の下段広告で見て、購入したもの。著者の本は、読みたいものと敬遠してしまうものと二つに分かれる。読みたくなるのは推理もの、敬遠してしまうのは時代物と分かれる。ただ、唯一例外だったのが、一昨年によんだ「この世の春」である。それ以外は最近では杉村三郎シリーズの推理物、推理小説といえるか分からないが「小暮写真館」も印象的だった。宮部みゆきファンには、偏った読者と言われるかもしれぬが、自分の好みの小説を読むという意味ではあまり無駄をしたくない結果である。

 さて、本書であるが推理小説でも時代小説でもない。今回はSF小説である。SFといば星新一や筒井康隆などを思い浮かべてしまう高校生時代からのファンではあるが、宮部みゆき氏がSFを描くとは思ってもみなかった。

 解説を読むとそれなりに書いていたようで、今回は雑誌の刊行をきっかけに本格的に描いた短編を集めたものということであり、8編の短編が掲載されている。8編のなかでは「わたしとワタシ」、そして表題作となっている「さよならの儀式」が面白く読めた。
 ただ、私が期待する宮部みゆき作品とは言えない作品集だなというのが率直な印象である。これはあくまでも個人の好みなので作品を理解していない読者の感想と理解していただきたい。
 やはり本格的な推理小説、社会派小説をまた読みたいと思ったのが読後感である。


<収録作品(全8編)>

「母の法律」
虐待を受ける子供とその親を救済する奇蹟の法律「マザー法」。でも、救いきれないものはある。

「戦闘員」
孤独な老人の日常に迫る侵略者の影。覚醒の時が来た。

「わたしとワタシ」
45歳のわたしの前に、中学生のワタシが現れた。「やっぱり、タイムスリップしちゃってる! 」

「さよならの儀式」
長年一緒に暮らしてきたロボットと若い娘の、最後の挨拶。

「星に願いを」
妹が体調を崩したのも、駅の無差別殺傷事件も、みんな「おともだち」のせい?

「聖痕」
調査事務所を訪れた依頼人の話によれば----ネット上で元〈少年A〉は、人間を超えた存在になっていた。

「海神の裔」
明治日本の小さな漁村に、海の向こうから「屍者」のトムさんがやってきた。

「保安官の明日」
パトロール中、保安官の無線が鳴った。「誘拐事件発生です」なぜいつも道を間違ってしまうのか……


(2019.08.27)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------


☆ 購入日 2019年08月03日(土)
☆ 価格  1,728円
☆ 読了日 2019年08月14日(水)




「内容紹介」はこちら ⇩ トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください


-- 続きを読む --

category: 小説(単行本)

thread: 読んだ本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

【AudioBook】「フロスト気質(かたぎ) 上・下」 R.D. ウィングフィールド (著), 芹澤 恵 (翻訳)  

810

 _convert_20190826153124.jpg

出版社: 東京創元社 (2008/7/30)



 オーディオブックで聞いてきたフロスト警部シリーズ。今回の「フロスト気質」で4作目。オーディオブックのシリーズはこの作品で最後になる。書籍では東京創元社から創元社推理文庫として「冬のフロスト」、「フロスト始末」がそれぞれ上下で「フロスト気質」の後に発行されているが、オーディオブックとしての今後の販売は不明。

 シリーズ最初の「クリスマスのフロスト」をききはじめたのが昨年10月。その後、「フロスト日和」、「夜のフロスト」と今年3月までに聴き終わり、今回の「フロスト気質」の上巻を聴き始めたのは4月からである。本書はオーディオブック版でも上下巻に分かれているほどちょうへんなのであるが、それにしても聴き終わるのに約5ヶ月もかかってしまった。

 オーディオブックは通勤の電車内で聞くことにしている。3月までは立川までの通勤時、そして4月からは神田までと通勤時間は長くなっているのだが、聴き終わるのに思ったよりも時間がかかってしまった。振り返って調べてみると上巻は5月上旬に聴き終わっているので、下巻を聴き終わるのに4ヶ月近くかかってしまったことが原因のようだ。何となく混んだ通勤電車の中で聞いていると集中できないことが原因のように思われる。

 オーディオブックの内容は、ビジネス書よりもストーリーのあるものの方が良いと考えてこのシリーズを聴き始めたが、時間がかかってもストーリーを思い出しながら聴いていることで考えることにもつながる。それなりに楽しく聞くことができたが、次に聴こうと思うコンテンツが見当たらない。

 さて本書であるが、お馴染みのデントン署ジャック・フロスト警部がデントン市内で発生した少年誘拐事件を解決していく物語。ストーリーは、7歳の少年が行方不明になったとの報を受けて巡回中の新米巡査が、ゴミの中から少年の死体を発見したのを手始めに、立て続けに事件が発生。幼児ばかりを傷つけてまわる連続幼児刺傷犯が新たな罪を重ねれば、誘拐された15歳の少女が全裸の状態で保護され、さらには身元不明の腐乱死体が出てくるなど、ほかにも大小さまざま取り混ぜて、事件がデントンの町に発生する。休暇中にもかかわらず呼び出されたことが始まるフロスト警部の捜査。見当はずれの見込みから部下にも見放されたりしながらも次第に真相へ向かっていく内容は聴いていても手に汗握ると言っては大袈裟だが、楽しいものであった。

 オーディオブックのシリーズが終わってしまったので、機会を見つけて残りの2冊は書籍で読んでみようかと考えているところである。

(2019.08.26)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------


☆ 購入日 2019年05月03日(金)
☆ 価格  各 1,188円
☆ 読了日 2019年08月01日(木)




「内容」はこちら ⇩ トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください


-- 続きを読む --

category: 海外推理小説

thread: 読んだ本

janre: 本・雑誌

tag: Kindle  オーディオブック 
tb: 0   cm: 0

【Kindle】「最高の成果を生み出す ビジネススキル・プリンシプル」 中尾隆一郎(著)  

809

 _convert_20190731120116.jpg

出版社: フォレスト出版 (2019/3/17)



  休日に立ち寄った本屋で本書が目に入り、タイトルが気になったのでざっと目を通した。 その中に「プリンシプル」とは「原理原則」のこととあり、「ビジネススキル」の「原理原則」であれば読むしかないと思い、早速Kindle版を購入して読んだ。

 著者の中尾隆一郎氏はリクルート出身。「リクルート出身」って本当に多いなとつくづく思う。いったん就職しても最後までそこに勤めるという意識はなく、いずれ独立するなどと考えている創造力のある人が多いのだろう。こんな環境に置かれるとどんな感じなのだろうと叶わない思いだが、何となく触れてみたいような気もする。 そのようなリクルート内でも珍しく著者自身は2018年まで30年近く勤務している。後半は社内勉強会の講師を務めるなどしているので言わば独立したのと同様な役割と言えるのかもしれぬが、本書はその後半の時期に蓄えた知識、スキルについて2019年3月に書籍化されたものである。

 本書には「仕事の成果を上げるための78のスキル」が7つに分類されて掲載されている。その内容が「プリンシプル」=「原理原則」ということである。

 例えば、第1章「ROIを意識して生産性を上げる」の章、「ROI」とは「投資(Return)対効果(Investment)」ということであるが、その最初のスキルが「やらないことを決める」である。78のスキル、原理原則の最初のスキルが「やらないことを決める」というのは実に理に適っていると思う。実際、組織の中で仕事をしていくと自分だけではどうしようもないこともあるが、「やるべきではない」と思っていても「やらざるを得ない」ということがいかに多いことか。必要ないと思われる「報告」、ただの情報共有だけ、参加者のほとんどが発言しない「会議」など、数え上げればきりがない。組織で決められていることに対して抗うのは難しいかもしれないが、そこをいかに自分の中で処理するか、また自分自身の行なっていることのなかで「やらないこと」をやっていないか、そんなことをまず最初に考えるべきということだろう。

 また、第6章「マネジメントの原理原則を身につける」の章では、「ちなみにマネジメントをするにはスキルが必要です 。大別すると 2つのスキルです 。 1つは 、人のマネジメントスキルである 「 P E : P e o p l e E m p o w e r m e n t 」のスキル 。もう 1つは 、仕事やプロジェクトのマネジメントスキルである 「 P M : P r o j e c t M a n a g e m e n t 」のスキルです 。」として、マネジメントのスキルを解説している。 ここで重要なのはどちらも「スキル」と表現していることだ。つまり「習得」が可能ということである。 意外と組織の中でマネジメントというと「経験」を重視しがちである。そのために訓練を行うことを怠り、本人の成長に任せるということがありがちである。しかし、「スキル」を習得しようという意欲あるマネジャーは良いが、そうでなければ部下が迷惑してしまう。自分勝手にマネジメント力を発揮しようとするからである。

 2つの原理原則の解説を引用したが本書には他にもこのような原理原則が解説されている。ひととおり読むだけではなく、一つ一つ整理をして自分のものにしていけば、かなり強いマネジメント力につながると思う。
ぜひ、一読をお勧めする。

(2019.08.23)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------


☆ 購入日 2019年06月18日(火)
☆ 価格  1,512円
☆ 読了日 2019年07月18日(木)




「目次」はこちら ⇩ トップページの場合は「続きを読む」をクリックしてください


-- 続きを読む --

category: ビジネス書籍(電子書籍)

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

【読書まとめ】7月の読書  

808

7月の読書メーター

読んだ本の数:6
読んだページ数:1755
ナイス数:39


----------------------------------------------------

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新聞記者 (角川新書) [ 望月 衣塑子 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/8/6時点)


「新聞記者 (角川新書)

感想 この人の菅官房長官会見への質問のことを全く知らな方私は情報に疎かったのだろうか。
読了日:07月27日 著者:
望月 衣塑子

----------------------------------------------------

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノーサイド・ゲーム [ 池井戸 潤 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/8/6時点)


「ノーサイド・ゲーム

感想 読書で涙を流してしまうのも池井戸潤の作品ならでは。同じパターンと意識していてものめり込んでしまう。
読了日:07月22日 著者:
池井戸 潤

----------------------------------------------------


「最高の成果を生み出す ビジネススキル・プリンシプル」
読了日:07月21日 著者:
中尾隆一郎

----------------------------------------------------

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

希望の糸 [ 東野 圭吾 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2019/8/6時点)


「希望の糸」
感想 夜中に目が覚めて読み始め、明け方に読み終わった。とても感動、素晴らしい作品だ。
読了日:07月13日 著者:
東野 圭吾

----------------------------------------------------

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モナドの領域 [ 筒井康隆 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/8/6時点)


「モナドの領域」

読了日:07月07日 著者:
筒井 康隆

----------------------------------------------------

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

時代の風音 (朝日文庫) [ 堀田善衛 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2019/8/6時点)


「時代の風音 (朝日文芸文庫)」

読了日:07月03日 著者:
宮崎 駿,堀田 善衛,司馬 遼太郎

----------------------------------------------------

読書メーター

category: 月間読書の記録

thread: 読んだ本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

▲ Pagetop