FC2ブログ
「自分を磨こう!」My favorite books ホーム »2019年11月
 
2019年11月の記事一覧

【書籍】「読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術」 田中 泰延 (著)  

827


出版社: ダイヤモンド社 (2019/6/13)



 この本も10月に読んだもの。ブログへの投稿をサボっていて今になっているが、表題を見て読んでみようと思い、メルカリで購入。

 著者はコピーライターとのことで言葉の作り方、文章の流れなどはやはり素晴らしい。ウィットにも富んだ内容となってはいるが、なかなか真似はできない。でも読んだことは一つの経験にはなる。

(2019.11.15)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------


☆ 購入日 2019年10月22日(火)

☆ 価格  1,650円(Kindle 1,336円)

☆ 読了日 2019年10月25日(金)






【目次】

はじめに 
 自分のために書くということ -書いたのに読んでもらえないあなたへ

序章 なんのために書いたか
 付録1 田中泰延が書いた記事10選

第1章 なにを書くのか 〜ブログやSNSで書いているあなたへ〜
 その1 文書と文章は違うことを知っておく 
 その2 ネットで読まれている文章の9割は「随筆」
 その3 書く文章の「分野」を知っておく
 その4 定義をはっきりさせよう 
 その5 ことばを疑うことから始める
 文章術コラム❶ 広告の書き方 

第2章 だれに書くのか 〜「読者を想定」しているあなたへ〜
 その1 ターゲットなど想定しなくていい
 その2 だれかがもう書いているなら読み手でいよう
 その3 承認欲求を満たすのに「書く」は割に合わない 
 その4 何を書いたかよりも誰が書いたか 
 その5 他人の人生を生きてはいけない 
 文章術コラム❷ 履歴書の書き方

第3章 どう書くのか 〜「つまらない人間」のあなたへ
 その1 つまらない人間とは「自分の内面を語る人」
 その2 物書きは「調べる」が9割9分5厘6毛
 その3 一次資料に当たる 
 その4 どこで調べるか 
 その5 巨人の肩に乗る
 その6 感動が中心になければ書く意味がない 
 その7 思考の過程を披露する
 その8 「起承転結」でいい
 文章術コラム❸ 書くために読むといい本

第4章 なぜ書くのか 〜生き方を変えたいあなたへ〜
 その1 書くことは世界を狭くすることだ 
 その2 貨幣と言語は同じもの 
 その3 書くことはたった一人のベンチャー起業
 その4 文字がそこへ連れてゆく
 その5 書くことは生き方の問題である
 付録2 田中泰延について書かれた記事5選+おまけ

おわりに いつ書くのか。どこで書くのか。




category: ビジネス書籍

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

【Kindle】「50歳の衝撃 はたらく僕らの生き方が問われるとき」 山本直人 (著)  

826

50歳の衝撃_convert_20191205114324

出版社: 日経BP (2018/8/8)




 タイトルに惹かれてKindle版を購入して読むことにしたもの。

 50歳の会社員人生のエピソードを25篇掲載している。人生100年時代と言われる現代にあって50歳というのはまさに中間点、人生で言えば折り返し地点である。ところがこれまでは60歳を会社人生のゴールととらえ、そこに向かってまっしぐらに走りきる会社人生を生きてきた会社員にとって現代の50歳というのは今までとは全く違う環境になっている。
 そんなエピソードを綴っているが、印象的なエピソードが多くあり、身につまされる。それでもこれからの人生を希望を持って生きようという著者のメッセージは伝わってくる。

 以下、印象に残ったセンテンスを記載しておく。

②タモリっていいよな……
 タモリのような「余裕のある」生き方に憧れる人も多いようだが、それは、「相当に頑張ったからこそのご褒美」であることを忘れてはいけない。

⑦何がしたくて会社に入ったのか
 「人生100年」と言われる中で、「本当にしたいこと」に挑む機会は増えていくだろう。50代になっても、いや50代以降にこそ、「初志」を思い返すことが大切になる時代と言えそうだ。

㉑世代間ギャップは埋められる?
 同じ職場に働くうえで一番大切なのは、「未来への目標」を共有すること。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」というように、自らの経験を「貴重な歴史」として若手と共有できるのなら、それもまた未来への糧となるはずだ。

おわりに
 今の50歳というのは「真の自立」のために必要な時期なのではないかと改めて感じる。

(2019.11.10)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------


☆ 購入日 2019年10月26日(土)
☆ 価 格 1,430円(Kindle 1,000円)
☆ 読了日 2019年10月31日(木)





≪目次≫

はじめに
【第1章】 働き方を変える
 ①いまさら働き方を変えろと言われても
  「会社基準」ではなく、「自分基準」で働く
    「働き方改革」がしっくりこない/狙いはミドル層を活性化/“自分基準”で生きている?  ②タモリっていいよな……
  思い込みで、早々に“枯れ”ない
    マイペースが羨ましい/「火消し役」を成功させたが…/「半分退く」タイミング
 ③俺だって一度は勝負したい
  自分で勝手に限界を決めない
    やりたい仕事が舞い込んで/「慣れない頑張り」に体が悲鳴/「もったいない」と言われ続けて
 ④一線を退いた後はどう働く?
  替えが利かない参謀役・相談役
    勘所を見極める「仕事の仕分け人」/悩みを抱える人の「心のオアシス」/失敗をオープンに語れるか
 ⑤“余計な”休暇制度が始まったせいで
  「休まない上司」はマイナス評価
    「夏季休暇制度」が逆風に/休みの日にも部下に電話/「社内失業」をきっかけに

 ◆コラム 「引き際」を考える

【第2章】 キャリアを振り返る
 ⑥会社員の幸せって何だろう
  「貧乏くじ」も見方によっては「当たりくじ」に
    “貧乏くじ”ばかりの先輩/後始末要員として工場に/最後の挨拶で語った本音
 ⑦何がしたくて会社に入ったのか
  「初志」を見直し、次につなげる
    新人の「輝いた目」を見て……/東日本大震災をきっかけに/「初志」を思い返す
 ⑧ずっと「専門職」でいたい
  “職人”だからこそ、教えられることがある
    専門職以外「やらない」/イチローを徹底研究/プロならではの「育成」視点
 ⑨彼女たちにとって「私の生き方」は?
  不安を断ち切り、自分がロールモデルになる
    外資系転職組に勝ち、順当に出世/「もう十分」という後輩女性たち/1人で「誰もいない階段」を登る恐さ

【第3章】 ゼロからの再出発
 ⑩出向で支社長になったが、ここは……
  「称賛」を求めず、「感謝」を積み上げる
    出向先が平穏すぎる/物足りなさの理由が分かった/皆の要望を聞いて分かったこと
 ⑪50歳を過ぎて地方転勤、適応できるか
  新天地では自分を“緩める”ことも大切
    転勤で生活の再構築に成功/自分を「緩められない」50代/ミドル世代の「働きがい」とは
 ⑫「会社での自分」を再定義できるか
  「時間」と「空間」に“緩み”を作る
    様々な“緩め方”がある/「会社での自分」を外で出さない/大人の自己啓発「サバティカル休暇」
 ⑬帰国したら“敗戦処理係”に
  「会社を見捨てる」選択を真剣に考える
    「グローバル人材」として海外へ/帰国して「敗戦処理係」に/「会社を見捨てる」決断  ⑭独立しても、やっていけるはず
  “今”を基準にして過信しない
    独立後、出足は好調も……/「前の職場」からの発注が止まる/「3つの過信」が原因

【第4章】 出世は運か実力か
 ⑮「派閥」に入ったために……
  「同調圧力」にタフになる
    「派閥のトップ」が失脚/同僚が派閥に入らなかった理由/「同調圧力」が目を曇らせていた
 ⑯出世は早かったが、先が見えない
  早熟ゆえの“燃え尽き”に注意
    一息ついた今、将来が不安に/若返って見えた老舗企業の同期/「ここからが勝負」と聞いて
 ⑰結局、「家康」が社長になったか
  「変わらない姿勢」が評価される
    信長の“らしさ”が奪われた/情報を握った「秀吉」への不信感/ゴール直前の「躊躇」や「勘違い」

 ◆コラム 「ゴリ押し人事」の裏側

【第5章】 部下を育てる
 ⑱自分の指導スタイルでいけるはずだ

  部下育成は「鬼」でも「仏」でもダメ
    叱った部下が休み勝ちに/「褒め言葉」が強いプレッシャーに/「育成の原点」にあるもの
 ⑲育児中の部下に負荷はかけられない
  “変な遠慮”はむしろ相手に失礼
    「産休明け」が増えてきて/「遠慮」が問題だった/集中力が上がって部署が変わった  ⑳部下が目の前で涙を浮かべて
  「育成」こそキャリアを切り開く好機
    壁に突き当たった部下/「甘やかしている」と指摘/意外なところで「見られていた」  ㉑世代間ギャップは埋められる?
  若手の「本音」を知り、マネジメントする
    もっと働きたいと嘆く部下/会社を去っていく若手/「昔の話」を語ることの弊害

【第6章】 仕事と家庭
 ㉒若手にイラつく自分を止められない
  「家庭の問題」は仕事に持ち込まない
    突然、若手をいびるようになった課長/きっかけは息子の進学校中退/息子に投影した自らのコンプレックス
 ㉓休んでもろくなことがない
  型にとらわれず、自分の時間を
    やってみたら楽しかった「夏休み」/「パジャマパーティー」がしたい/「休暇を楽しめない人」の共通項
 ㉔再就職した妻を怒らせてしまった
  どんな仕事も「大切な仕事」
    怒っている理由がわからない/ほとんどない「夫婦水入らず」の時間/「仕事ができる」は、ありがたい

 ◆コラム 「行きつけの店」を作る

【第7章】 “今”を生きる

 ㉕自分は“今”を生きているのか
  何があっても最後まで諦めない
    がんが発覚、即入院/感涙した社長の一言/最後まで諦めるな

おわりに




category: ビジネス書(Kindle版)

tb: 0   cm: 0

【読書のまとめ】10月の読書  

825

10月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:2744
ナイス数:32

 ----------------------------------------------------


「50歳の衝撃 はたらく僕らの生き方が問われるとき」
著者:山本直人
読了日:10月31日 


 ----------------------------------------------------


「伸びる会社、沈む会社の見分け方 (PHPビジネス新書)」
著者:
小宮 一慶
読了日:10月28日 


 ----------------------------------------------------


「暴君:新左翼・松崎明に支配されたJR秘史」
著者:
牧 久
読了日:10月26日 


 ----------------------------------------------------


「読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術」
読了日:10月25日
著者:
田中 泰延

 ----------------------------------------------------


「ラグビー知的観戦のすすめ (角川新書) 」
著者:
廣瀬 俊朗
読了日:10月23日 

 ----------------------------------------------------


「不審者」
著者:
伊岡 瞬
読了日:10月22日 


 ----------------------------------------------------


「罪と祈り」
著者:
貫井 徳郎
読了日:10月13日 


 ----------------------------------------------------


「倒産の前兆 30社の悲劇に学ぶ失敗の法則 (SB新書)」
著者:
帝国データバンク 情報部
読了日:10月10日 


 ----------------------------------------------------


「働き方2.0vs4.0 不条理な会社人生から自由になれる」
著者:
橘玲
読了日:10月02日 

 ----------------------------------------------------


読書メーター

category: 月間読書の記録

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

▲ Pagetop