FC2ブログ
「自分を磨こう!」My favorite books ホーム »2020年02月
 
2020年02月の記事一覧

【書籍】「背高泡立草【第162回 芥川賞受賞作】」 古川 真人 (著)  

840

_convert_20200227081138.jpg

出版社: 集英社 (2020/1/24)



 1月に発表された第162回芥川賞受賞作、恒例により雑誌「文藝春秋」3月号に掲載されたものを読んだ。

  ここ数年芥川受賞作は書籍を買わずに文春の掲載号で読んでいるが、そうしてからと言うわけではないのだが、面白くない作品が多いような気がする。
 今回の受賞作も同様の印象で、読了後、何故、この作品が芥川賞受賞作品なのだろうと思ってしまった。

 物語は、九州の島嶼を舞台にして三代の家族が実家で使わなくなっている納屋の草刈りをする日常を描いてその間に交わされる会話などを中心とした物語が中心となっているのだが、その各章の間に全く別の物語が挟まれている。途中に挟まれる物語も読んでいくと同じ島嶼を舞台にしているようなので、この土地を舞台にして時の流れの中の人間模様を描こうとしているだろう。
 ところがその挟まれる物語も唐突であり、よく注意して読んでいないと誰のことなのか、どこの話なのか分からなくなってしまう。また土地の方言を使っていることからも読みづらい面がある。私自身の読み方の問題なのだろうと思いながら読み終わった。
 ただ、読み終わってから今回の選考委員の選評を読んだのだが、はっきりとこの作品を推している選者は見つからなかった。むしろ「該当作なし」とすることに躊躇するところから最終的に選ばれたと言う印象を持った。さもありなん。そう言うことかと合点が行った次第。

 過去との比較はできないかもしれないが、私のか過去の印象は、芥川賞と言えば、村上龍の「限りなく透明なブルー」を例に上げるまでもなく、全くの新人が衝撃的なデビューをするイメージが強かった。その後も様々な受賞者が輩出されたが、処女作で受賞している作家はその後に活躍していることが多いように思う。
 確かに新人発掘の賞ということで、当該作家の過去の候補作を受賞作と引き合わせて選評することも必要かもしれないが、我々一般読者はたいていの場合、その作家の過去の候補作は読んでいないことの方が多く、受賞作を楽しみに読むのではないだろうか。その点、最近の受賞作では又吉直樹氏の「火花」は鮮烈だったかもしれない。

 いずれにしても書籍を購入して読もうと思わなくなってしまった芥川賞受賞作。今後も文藝春秋で読み、良い作品と出会えたら応援していくために書籍を買う、こんなスタンスで眺めていきたい。

(2020.02.27)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------


☆ 購入日 2020年02月18日(火)
☆ 価格  1,540円(Kindle版 1,540円)
☆ 読了日 2020年02月25日(火)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

背高泡立草 [ 古川 真人 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/2/27時点)





内容紹介
【第162回 芥川賞受賞作】

草は刈らねばならない。そこに埋もれているのは、納屋だけではないから。
記憶と歴史が結びついた、著者新境地。

大村奈美は、母の実家・吉川家の納屋の草刈りをするために、母、伯母、従姉妹とともに福岡から長崎の島に向かう。吉川家には<古か家>と<新しい方の家>があるが、祖母が亡くなり、いずれも空き家になっていた。奈美は二つの家に関して、伯父や祖母の姉に話を聞く。吉川家は<新しい方の家>が建っている場所で戦前は酒屋をしていたが、戦中に統制が厳しくなって廃業し、満州に行く同じ集落の者から家を買って移り住んだという。それが<古か家>だった。島にはいつの時代も、海の向こうに出ていく者や、海からやってくる者があった。江戸時代には捕鯨が盛んで蝦夷でも漁をした者がおり、戦後には故郷の朝鮮に帰ろうとして船が難破し島の漁師に救助された人々がいた。時代が下って、カヌーに乗って鹿児島からやってきたという少年が現れたこともあった。草に埋もれた納屋を見ながら奈美は、吉川の者たちと二つの家に流れた時間、これから流れるだろう時間を思うのだった。


category: 小説(単行本)

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

【Kindle】「サラリーマンの力 (インターナショナル新書)」 亀渕 昭信 (著)  

839

出版社: 集英社インターナショナル (2018/2/7)



 新年恒例の賀詞交換会に参加した際に本書の著者である亀渕昭信氏が来賓として参加されており、その際に来賓代表として話された挨拶を聞いた。

 とても印象深い挨拶だったので、その後にインターネットを検索したところ本書を知り、早速、Kindle版を購入して読んだ。

 亀渕氏のことは中学、高校の頃に聞いていた深夜放送のオールナイトニッポンのパーソナリティとして知っていたが、パーソナリティを担当された後にニッポン放送の社長になられており、その時期が折しもライブドアによる敵対的買収の対象になっていた時期ということを知り、波乱万丈な職業人生だったのだろうと考えさせられた。

 亀渕氏はもともとニッポン放送にアルバイトとして採用になり、そのまま転職することもなく社長にまでなってしまったそうで、その亀渕氏が自己の職業人生を振り返った著書ということでとても興味深く読むことができた。

 社会人になって入社3年頃で転職を考える若者が多いが、理由を聞くと「やりたいことではなかった」、「歯車になっている」などということが多い。あるいは「嫌な上司がいる」という話も聞く。しかし、どこにだって嫌な上司はいるし、多かれ少なかれ組織に入れば誰だって歯車だ、どうせなら輝く歯車になることを考えれば良いと言う。サラリーマンを「気楽な稼業」とも言うが、その中で何か自分を輝かせるものを見つけ、そしていずれ卒業を迎える時の準備期間とすれば良い、と言う。それを「サラリーマン力」と著者は呼んでいる。

 昨年11月に発売された前川孝雄氏の「50歳からの逆転キャリア戦略」に通じるものを感じたが、本書には目次の項目とは別に「サラリーマン力を高める三〇箇条」が記載されている。折角なので、それを掲載しておく。

 1.どこに行ってもダメな上司はいる。
 2.ダメな上司がいるからといって会社を辞めるのはやめよう。
 3.あなたも歯車、社長も歯車、だったら輝く歯車になろう。
 4.会社を使って自分のやりたいことをやろう。
 5.会社を一つの有機体として見れば、やりたいことがきっと見つかる。

 6.見逃すな。チャンスはその辺に転がっているものだ。
 7.人生の師になり得る尊敬できる先輩を見つけよう。
 8.好奇心をいっぱいにして世間の風を知ろう。
 9.「やりたいこと」をアピールしよう。
 10.自信を持てる仕事に出会ったら、それを手放すな。

 11.企画書は馬に食わせるほど書こう。企画は腐らない。
 12.競争相手と戦いながら、業界全体のパイを増やす努力をしよう。
 13.互いが同じ目標に向かっていれば喧嘩も良い結果を生むことがある。
 14.人真似でも良い。ただしオリジナルを生み出す努力を忘れずに。
 15.優れたドタ勘は、その場の思いつきでは生まれない。

 16.「イヤだ、イヤだ」のストレス地獄から脱出しよう。
 17.部下ができたらもっと勉強しよう。経験だけでは統率不能だ。
 18.ダメを出されたところからチャンスは生まれる。
 19.派閥争いでは、仕事派でいよう。
 20.給料の額は自分の評価でもある。

 21.会社は社会の一部である。世の中のために働いているのだ。
 22.どんな商品でも時代に合わせて変化していかなければ必ず終わりがくる。
 23.会社は生き物。業態は時代によって変化する。 
 24.多角経営の時代、サラリーマンにより活躍できる時代が到来した。
 25.デジタル時代は一寸先が闇だが、生まれ変われるチャンスでもある。

 26.定年は新たなスタート。新しいことを学ぶチャンスだ。
 27.サラリーマンが進退を決められるのは辞表を書くときだけだ。
 28.新しい仕事が次のチャンスを生む。
 29.自分の趣味、コレクションは大切に。使えるときがきっとくる。
 30.人生、役に立たないことは何もない。

(2020.02.23)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★★  
 読みやすさ ★★★★★
-----------------------------------


☆ 購入日 2020年01月20日(月)
☆ 価格  770円(Kindle版 693円)
☆ 読了日 2020年01月25日(土)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サラリーマンの力 [ 亀渕 昭信 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2020/2/24時点)





【内容紹介】

 会社という組織に属しながら、いかに創造力を発揮すべきか?
 オールナイトニッポン伝説のDJにして、ニッポン放送元社長という、会社員人生を極めた著者が考える、ポジティヴでまったく新しいサラリーマン論。
 ラジオ業界のエピソードを交えながら、「企画力」と「営業力」の重要性、社内政治の乗り切り方、グローバル社会における企業の意味、会社と共に生き、チャンスをつかむ方法を伝授する。

 吉田拓郎氏推薦!
  「カメちゃんは僕の少し前を行くイメージなのだ」


【目次】

 プロローグ 「歯車」じゃない人間なんていない
 第一章 僕はどうやって「サラリーマン」になったのか
 第二章 サラリーマンの「企画力」と「営業力」
 第三章 上司、部下、出世競争……人間関係の乗り切り方
 第四章 時代の変化をどう生き抜くか
 第五章 サラリーマンが「卒業」するとき



category: ビジネス書(Kindle版)

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

【Kindle】「定年消滅時代をどう生きるか (講談社現代新書) 」 中原 圭介 (著)  

838



出版社: 講談社 (2019/12/11)



 先日、企業に高齢労働者が希望すれば70歳まで雇用することを努力義務とする案が閣議決定され、今後法案の改正が国会審議され、予定では21年4月から施行されることになりそうだ。65歳までの継続雇用を企業に義務付ける法案が施行されたのが2013年でまだ7年、また世間に「人生100年時代」という言葉が流行となり始めてまだ5年も経っていない。実に社会環境の変化が早いということだろう。

 本書はいわば「定年がなくなる」時代にどのように生きれば良いかという示唆を与えてくれる書籍。
 冒頭、著者は、これからの時代には「30代後半を第一の定年、50代後半を第二の定年として、キャリアを3つに区分した上で、学び直しをしていく生き方が広まっていく」と書いている。今まで、学校を卒業して就職し同じ会社に定年まで勤めるということが普通だった。定年後の人生を「第二の人生」という呼び方もしていたのが普通であるが、それが、大きく変わろうとしているということだ。

 経済が右肩上がりに成長していた時代は、「終身雇用」、「年功序列」、「新卒一括採用」などが当然であり、極めて有効な制度であったと言える。それが平成の30年を経て、大きく変わってしまったことは低迷している経済状況を見ればわかることだ。このままで日本はどうなるのだろうと誰もが考える時代になってしまった。少子化、労働力人口の減少、これらを捉えても今後の日本の中では高齢者の労働力は必要不可欠となる。しかし、70歳までの雇用が保証される世の中になってはいくが、ただ目標もなく惰性で仕事をしているだけでは自らが希望する仕事に従事する可能性は低くなるだろう。そのためにも学び直しが必要だと言う。

 著者はそのような時代に生きていくため、一人ひとりが「仕事を楽しむ能力」を身につけることが基本だと言う。ただ、何もせずに「仕事を楽しむ能力」は身につかない。それでなくとも現在は何事においても便利な時代になり、便利になったことが個々人の考える能力を衰えさせていると言う。まして読書をする機会が減少していることがより考える力を衰えさせているという。
著者は、好奇心こそ人を成長させる最大のエネルギーであり、それこそが定年消滅時代を生きるための最大の武器になる、そのためにも、読書を通じて考える力を鍛え、基本的な能力を高めて欲しいと言っている。

 具体的で刺激のある内容だった。様々なグラフや表なども使われており、それらを見直すだけども理解が深まる。もう一度整理しながら読み直そうと思っている。

(2020.02.11)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★☆  
 読みやすさ ★★★★☆
-----------------------------------


☆ 購入日 2019年12月11日(水)
☆ 価格  946円(Kindle版 880円)
☆ 読了日 2020年01月08日(水)






【内容紹介】

 すべての日本人の人生にとって、深く関りがある本を書きました。


2020年は日本の雇用が大変革を遂げる年になるからです。
AIなどのデジタル技術の普及に伴って、若手にとっても、
中堅にとっても、ベテランにとって も、高齢者にとっても、
無縁ではいられない雇用の流動化が起ころうとしているのです。


これからの日本では、大学を卒業後に就職して70~75歳まで働くことになるので、
個人の会社員生活は50年前後と、今の定年より10~15年程度も長くなります。


現在24年にまで縮まってきている企業の平均寿命が将来的に20年を切るようになったら、
会社員生活は企業寿命の2.5倍を超える長さになってしまうというわけです。


平均的な働き方をする日本人であれば、
計算のうえでは人生で3つの仕事や会社を経験しなければなりません。

そこで充実感のある人生を歩み続けるためには、どうすればいいのか――。



【目次】

 はじめに
  人生で3つの仕事や会社を経験する時代へ

 第1章 日本から「定年」が消滅する
  生産年齢人口の減少という大問題

  増え続ける国民負担 ほか


 第2章 大きく変わる企業の採用
  日本人の価値観の変化
  人材獲得競争の勝敗を決めるもの ほか


 第3章 トヨタ「採用の半数が中途」の衝撃
  過去の俗説と化した転職「35歳限界説」
  好業績で人手不足なのに「早期退職」を募る理由 ほか


 第4章 人材育成の仕組みを再構築する
  問われる大学の存在価値
  国際教養大学をお手本にした長野県立大学 ほか


 第5章 これからを生きるための最大の武器
  スマートフォンを使うことの代償

  便利な社会が考える機会を奪う ほか

 おわりに
  さらなる格差拡大を食い止めるために
  人生に何回もチャンスが訪れる社会へ
  日本人全体の底上げが豊かな社会をつくる






category: ビジネス書(Kindle版)

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: Kindle  定年  生き方  働きかた 
tb: 0   cm: 0

【読書のまとめ】 1月の読書  

837

1月の読書メーター

読んだ本の数:5
読んだページ数:1470
ナイス数:50

 ----------------------------------------------------
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サラリーマンの力 [ 亀渕 昭信 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2020/2/10時点)


「サラリーマンの力 (インターナショナル新書)」
読了日:01月28日
著者:
亀渕 昭信

 ----------------------------------------------------
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セゾン 堤清二が見た未来 [ 鈴木 哲也 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/2/10時点)


「セゾン 堤清二が見た未来」
読了日:01月28日
著者:
鈴木 哲也

 ----------------------------------------------------

「サイレント 上 (ハーパーBOOKS)」
読了日:01月21日
著者:
カリン スローター

 ----------------------------------------------------
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

満願 (新潮文庫) [ 米澤 穂信 ]
価格:737円(税込、送料無料) (2020/2/10時点)


「満願 (新潮文庫)」
読了日:01月12日
著者:
米澤 穂信

 ----------------------------------------------------

「定年消滅時代をどう生きるか (講談社現代新書)」
読了日:01月08日
著者:
中原 圭介

 ----------------------------------------------------


読書メーター

category: 月間読書の記録

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

▲ Pagetop