FC2ブログ
「自分を磨こう!」My favorite books ホーム » ビジネス(新書) »【書籍】「50歳からの逆転キャリア戦略 「定年=リタイア」ではない時代の一番いい働き方、辞め方 (PHPビジネス新書)」 前川 孝雄 (著)
 

【書籍】「50歳からの逆転キャリア戦略 「定年=リタイア」ではない時代の一番いい働き方、辞め方 (PHPビジネス新書)」 前川 孝雄 (著)  

835



出版社: PHP研究所 (2019/11/19)



 現在勤務している会社で発行している郵政部内紙「通信文化新報」に昨年7月から『「人が育つ現場」考』を連載中のFeelWorks(株)代表取締役前川孝雄氏の最新刊「50歳からの逆転キャリア戦略」を読んだ。

 2007年に人材育成コンサルタント会社「FeelWorks」を立ち上げて以降30冊目の著作とのこと。これまで上司に対していかに部下を育てるかという視点での著書が多かったが、今回初めて50代の上司世代に将来に向けて今をどのように生きるかをアドバイスする内容になったとのことである。

 背景は「人生100年時代」と言われる今日の状況。リンダ・グラットン、アンドリュー・スコットの共著で2016年に出版されベストセラーとなった「ライフ・シフト」、3年前とは思えぬほど「人生100年時代」は世の中に浸透している。一方、経済環境は上向かず、世の中の名だたる企業は終身雇用性を終わらせ早期退職を進めようと画策している。そのような環境の中にあって著者は50代のミドル世代に対して「まだ辞めるな」と訴える。考え方次第でいまの企業の中でも自分を生かせ、そして将来の退職後の生き方を導き出せるとアドバイスする。

 冒頭紹介した郵政部内紙「通信文化新報」の多くの読者は郵便局関係者。日本郵政グループの定年制度も延長されるやに聞いてはいるが、いずれ退職することに変わりない。定年後の長い人生に備えるためにも現役時代に経験できることはたくさんあるだろう。もしかすると一般の民間企業に勤務する会社員よりもそのチャンスは多いかもしれない。窓口を中心とした局であれば窓口を利用するお客さまや、地域の方々とのお付き合いのなかから刺激を受けることが多いだろうし、配達を受け持つ大きな郵便局であれば、それぞれの職場で日々発生する様々なことや、管理者や役職者であれば部下の育成に悩む中で刺激を受けることも多いだろう。そのような中から自身が退職後の人生をどのように歩んでいこうかというヒントはあるのではないだろうか。

 私自身の代の反省も感じながらも本書は退職後の人生設計を考えるきっかけになると思った。代だけでなくもっと若い世代の方々にもお勧めしたい一冊である。

(2020.01.08)


-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★★  
 読みやすさ ★★★★★
-----------------------------------


☆ 購入日 2019年11月25日(月)
☆ 価格  1,001円(Kindle版 792円)
☆ 読了日 2019年11月27日(水)





【内容紹介】

「定年まで我慢」でも「早期退職」でもない第3の道がある! 本当にやりたい仕事ができる人生後半戦の作り方

「我慢の多かった会社員人生もいよいよ最終コーナー」と思っていたら、 「定年後も働き続ける人生100 年時代」と言われガックリ…… そんなミドルは少なくないはず。

ただ見方を変えれば、「本当にやりたい仕事に挑戦する時間ができた」とも言える。

では、充実した「これから20~30年の人生後半戦」を作っていくためには何が必要なか。

会社員のうちにやっておくべきことは何か。

約20年の会社員生活ののち起業し、苦労を重ねる中で、「働くって楽しい! 」と胸を張って言える働き方を実現した著者が、自らの体験談をもとに心構えと準備のポイントを語る。


【本書の構成】

■第1章 まだ辞めてはいけない人たち
  ──もしいま早期退職したらどうなる?
■第2章 「お金、肩書き」から「働きがい」へ
  ──人生後半戦のキャリアの考え方
■第3章 会社は「学び直しの機会」に溢れている!
  ──辞める前にできることはまだまだある
■第4章 50歳からの働き方を変える「7つの質問」
  ── 筆者・前川孝雄の七転八倒体験から人生後半戦の働き方を考える

  Q1 自分の人生があと1年だとしたら、何をやりたいですか? 
  Q2 なぜ、その「やりたいこと」に挑戦しないのですか? 
  Q3 やりたいことができない本当の理由は何ですか? 
  Q4 名刺がなくても付き合える社外の知人は何人いますか? 
  Q5 会社の外でも通用する「自分の強み」は何ですか? 
  Q6 その強みを磨き、不動のものにするためには何が必要ですか? 
  Q7 今のうちに何から始めますか?
■ワークに挑戦
 ・STEP1 人生後半戦の使命を考えるキャリアプランニングシート
 ・STEP2 今から20~30年働く未来シミュレーション年表
 ・STEP3 自分の強み・補強したい経験を知る越境取材シート



category: ビジネス(新書)

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomi207.blog.fc2.com/tb.php/811-42b3248c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

▲ Pagetop