FC2ブログ
「自分を磨こう!」My favorite books ホーム » 小説(単行本) »【書籍】「終の盟約」 楡 周平 (著)
 

【書籍】「終の盟約」 楡 周平 (著)  

846



出版社: 集英社 (2020/2/5)



 新聞に掲載された広告を見て読みたくなったのだが新刊で2,200円と価格がネックで少し考えていたところメルカリに出品されているのを発見。本の厚さが3センチ以上あるからと出品者が値下げを躊躇していたので、見開きのまま送って構わないとのコメントを載せ、1,300円で購入。 4月29日から読み始め、その後の連休で一気に読み、昨日5月4日、読了。

 主人公は、内科医である兄の藤枝輝彦と弁護士の弟の真也の二人の兄弟。ただセクションによっては別の人物が一人称として登場することもあるので、純粋に言えば完全な主人公とは言えないが中心人物はこの二人兄弟とその父親をめぐる物語。
 二人兄弟の両親は兄輝彦と二世帯住宅で同居しているが、母は3年前に亡くなり、父の久だけが同居している。同居しているとはいえ完全分離の二世帯住宅で、母が亡くなって以降は1日に二度の食事だけを兄輝彦の妻である慶子が面倒を見て、一緒に食事をしている。父の久も医者でクリニックを開業していたが、連れ合いを亡くして以降、クリニックを閉め、家に籠るようになっていた。
 そんなある日、慶子がシャワーを浴びているとドアの向こう側に人の気配を感じる、開けてみるとそこには義父が立っていた。そしてその目つきは以前の義父とは全く違っていて、様子も違っていた。そして夫である輝彦が気が付き、父の書斎に行ってみると父は無心にキャンバスに向かっていたが、その後ろ姿には狂気を感じる・・・

 人間にとって死は必ず訪れるものである。しかし死がいつか訪れるものと言っても、死に至る過程は病死、事故死、など千差万別であり、いつ訪れるかは誰にもわからない。そのために人は死を恐れることとなり、できるならば意識の外に置いておきたいと思うものである。
 本書のテーマは安楽死、尊厳死であるが、その背景に認知症で自身の行動が意識の範囲外になった場合を想定して書かれている。
 認知症となった自身を想像すると恐ろしくなる。できれば避けたいものであるが自身の健康であればいつ害されるのか、全く予想されないものだ。その時にどうするか、現状の中ではどうしようもないのだが、そこに一石を投じたのが本書である。叶わないこととは思いながら、できることならこのような選択をしたいものだと読み終わって改めて考えさせられた。

(2020.05.06)

-----------------------------------
 おすすめ度 ★★★★★  
 読みやすさ ★★★★★
-----------------------------------


☆ 購入日 2020年04月29日(水)
☆ 価格  2,200円(Kindle版 1,980円)
☆ 読了日 2020年05月04日(月)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

終の盟約 [ 楡 周平 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/5/5時点)




内容(「BOOK」データベースより)

認知症の父の突然死。ある晩、内科医の輝彦は、妻・慶子の絶叫で跳ね起きた。父の久が慶子の入浴を覗いていたというのだ。久の部屋へ行くと、妻に似た裸婦と男女の性交が描かれたカンバスで埋め尽くされていた。久が認知症だと確信した輝彦は、久が残した事前指示書「認知症になったら専門の病院に入院させる。延命治療の類も一切拒否する」に従い、久の旧友が経営する病院に入院させることに。弁護士をしている弟の真也にも、事前指示書の存在を伝えた。父の長い介護生活を覚悟した輝彦だったが、ほどなくして久は突然死する。死因は心不全。しかし、あまりに急な久の死に、疑惑を抱く者もいて―。医師の兄と、弁護士の弟は、真相にたどり着けるのか。



category: 小説(単行本)

thread: 読んだ本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomi207.blog.fc2.com/tb.php/823-81aff93d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

▲ Pagetop